サステナビリティ関連の成功談

5 記事

Amanda Zimlich氏は、アメリカ・ワシントン州のオーカス島にある「Otters Pond Bed and Breakfast(オッターズ ポンド ベッド アンド ブレックファスト)」のオーナーです。本記事では、環境への影響を減らすために行っているサステナビリティに関する取り組みについて同氏に伺いました。
Linda Close氏は、オーストラリアのウォーナンブールにある「Botanic Apartments(ボタニック アパートメンツ)」のオーナーです。本記事では、サステナビリティへの取り組みを具体化することでビジネスにどのようなメリットがあったのか同氏に伺いました。
Stayokayはオランダのホステルグループで、自社の環境への影響軽減に注力しています。本記事では、サステナビリティ・コーディネーターのMirjam Kiestra氏より、同社が目標達成のためにどのような取り組みを実施されているのか伺いました。
アムステルダム中心部に位置するINK Hotel(インクホテル)のゼネラルマネージャー、Jolanda Sadni Ziane氏は、当ホテルにとってポジティブな改革を行うには、従業員やゲストを含めた全員が、自分もその一部だと感じられることが鍵となると話します。
Kevin Murphy氏は、南アフリカのケープタウンにあるサステナブルな宿泊施設「Point B Guest House(ポイントB ゲストハウス)」のオーナーです。本記事では、新しいイニシアチブの実施やコスト削減機会の見極めなど、サステナビリティへの道のりの中で彼が学んだことを紹介してもらいます。