「キャンセルの傾向」レポート

貴施設でのキャンセルの傾向を確認、分析しましょう

ホスピタリティ業界において、キャンセル対応は欠かせない業務のひとつ。多くのゲストが直前になってキャンセルしたり、ノーショー(無断不泊)となってしまった場合などの難しい問題が発生してしまうこともあるでしょう。このような状況の予防策を考える上で役に立つのが、キャンセルの傾向を深く理解することです。

「キャンセルの傾向」レポートでは、どれだけの割合の予約がどのタイミングでキャンセルされているのか、そして貴施設のキャンセル、ノーショーは周辺の宿泊施設と比較した際にどのような状態となっているのかをご覧いただけます。

瞬時に確認できるこれらの重要なデータを元に、稼動率アップやキャンセル率が低めの予約の獲得、そして収益の確保を図りましょう。

レポートを活用するメリット

キャンセルの特徴を把握

同じエリアにある類似施設と数値を比較し、改善点を洗い出すことができます。

稼動率を上昇

意思決定や、年間を通じた収益確保にデータを活用できます。

業務量を軽減

キャンセルにまつわる重要なデータをわずか数クリックで手軽に確認可能です。

弊社からのアドバイス

 

「レポートを参照することで、収益の損失の原因についての情報はじめ、予約の質を高めるために採用できる実行可能な行動を知ることができます」

 

Booking.comのアカウントマネージャー デイヴィット P

画像
quote

レポートの活用方法

 

まずは、貴施設のパフォーマンスを競合施設や市場全体と比較しましょう。目標よりもキャンセル率が高い場合、以下の2つのステップでキャンセルの要因を確認できます:

 

ステップ1:どのリードタイムのグループのキャンセル / ノーショー率が高いかを確認します

1つめのグラフ、「リードタイム別の予約ステータス」では、予約のキャンセル / ノーショー率をリードタイム(予約日からチェックイン日までの期間)別に確認できます。

キャンセル数が実宿泊件数を上回っているリードタイムがないかチェックしましょう。その後、貴施設が属する市場全体、競合設定の施設、または直接競合の施設と比較します。

一般的に、キャンセル率が高いのはリードタイムが長い予約やフレキシブルなポリシーの予約です。

ステップ2:キャンセルが頻発するタイミングを確認します

3つめのグラフ、「チェックイン前のキャンセル」では、キャンセルの大部分が発生するタイミングをチェックイン日前の日数別に確認できます。

こちらのデータを活用すれば、キャンセルポリシーの設定についてより深く分析することが可能となります。 

レポートを確認する          詳細について

画像
キャンセルの傾向に関するデータ