料金設定の基礎

 

変化を続ける旅行需要に応える料金設定

旅行者が競争力や透明性の高い魅力的な料金を求めることは世の常です。ユーザーに最適なタイミングで最適な料金を提示することは、さらに多くの予約を獲得する上での鍵となるほか、キャンセルや売れ残りの客室の数を抑えたり、直前のタイミングでの割引の提供を避けることにも役立ちます。

料金戦略で成功するには、強固な基盤づくりが重要です。基本の料金プランとカスタマイズした料金プランを組み合わせれば、貴施設のビジネスに最適な環境の構築に役立ちます。料金プランの設定が完了した後も、定期的に設定の見直しや最適化を行い、旅行者へのアピール力を強化することで予約数や稼働率の経時的な向上を目指しましょう。

 

料金プランの基礎

弊社のプラットフォームで最初にご設定いただくのが料金プランです。料金プランは、予約の根幹となる以下の要素の組み合わせで構成されるものです。

 

料金

各客室 / ユニットに対して設定する金額

滞在日数

料金プランを予約するための最低宿泊日数

客室タイプ

料金プランに含まれる客室 / ユニットのタイプ

キャンセルポリシー

一部または全額の返金が可能な期限および条件

予約期間

料金プランがチェックイン日の何日前から予約可能か

食事

料金プランに含まれる食事の有無、またその種類(朝食など)

基礎を固めるには、2つの基本の料金プランから

はじめに、基本の料金プランとなるこちらの両方を提供するところから始めましょう。

完全フレキシブル

もっとも高い柔軟性を提供し、チェックインの7日以上前であればゲストは無料でキャンセルできます。

 

こちらは、弊社プラットフォーム上で通常もっとも料金の高い料金プランで、またもっとも予約数の多い料金プランでもあります。

今すぐ設定

 

返金不可

確実な予約と収益を増やすのに役立ちますが、他と比べると低料金のプランです。

 

チェックイン日から1週間以内に予約が行われた際に、よく選ばれる傾向にあります。

今すぐ設定

 

料金プランを組み合わせて提供する理由

もっとも選ばれているプラン: 弊社のプラットフォームでは、他のどの料金プランよりも「返金不可」と「完全フレキシブル」が選ばれます。この2つの料金プランは概念が明確なため、料金と自身のニーズを比較した上で選択しやすいことがその理由に挙げられます。

 

旅によって需要は様々: 弊社のデータによると、ユーザーはそれぞれの旅行のニーズや予約のタイミングによってフレキシブル / 返金不可のプランを予約し分けているようです。両方を提供することで、幅広いユーザー層に向けて常に魅力的な料金プランを提示することが可能となります。

 

より多くのゲストの呼び込み: 「返金不可」と「完全フレキシブル」の料金プランの両方を提供しているパートナー施設様は、平均してより多くの予約を獲得しています。貴施設が両方を提供していない場合、予約を取りこぼしてしまっている可能性があります。

Image
pricing_foundations.jpg

料金プランをカスタマイズして、さらに多くのユーザーにアプローチ

基本の料金プラン2つの他にも、カスタマイズした料金プランを追加することで貴施設に利益をもたらすユーザー層への訴求が期待できます。

 

長期滞在者

1週間または1ヶ月の連泊プランを設定すると、最近増加の傾向にある7泊以上の滞在を検討しているユーザーに対し露出を強化できます。

料金プランを設定する

早期予約者

早割プランを設定すると、余裕を持って旅行を計画したいユーザーにアピールできます。前もったタイミングでのより多くの収益確保や、キャンセル数の低減にも役立ちます。

料金プランを設定する

子供連れの家族

競争力の高い子供料金を設定することで、家族連れからの予約を平均で最大15%上昇させる効果が期待できます。

子供料金を設定する

グループ / 一人旅の旅行者

宿泊人数に合わせて料金を調節すれば、予約数が最大4%アップします。

宿泊人数別の料金設定について

料金を設定する

強固な基盤づくりのメリット

弊社のデータによると、基本の料金プランの両方と、カスタマイズした料金プラン1件以上を組み合わせて提供している施設様がもっとも成功していることが分かっています。例えば、基本の料金プランの両方+早割プランを提供している施設様は、平均して予約数5%アップ、露出11%アップ、キャンセル率9%減を実現しています。

料金プランを追加する

プライシング・ツールキットを確認しましょう

料金プランの設定は、料金戦略で成功するための最初の一歩となるものです。料金プランの設定が完了したら、稼働率の最大化に役立つプライシング・ツールキットもぜひご確認ください。

プライシング・ツールキットを見る

このページを評価してください