貴施設の客室を重要な旅行者層向けにさらに魅力的にしましょう

近年の弊社の調査によると、多くの旅行者が共通して求めているのは柔軟性、ニーズに応じたカスタマイズ、そして安心・安全性であることがわかっています。検索の傾向を理解することで、提供する内容を調整し、需要に対応することができます。

弊社では現在、急増している旅行者層を3種類特定しております。このツールキットをご活用いただくことで、料金に関して妥協することなく、これらの旅行者層のニーズに対応して予約数アップを目指せます。

 

旅行者の好みを活用しましょう

弊社プラットフォームで急増している3種類の旅行者層は、子供連れの家族、長期滞在者、そして一人旅やグループでの旅行者です。これらの旅行者層は高い需要を示しているため、当該層のニーズに応えることで予約数&収益アップに役立ちます。これは特に、カップル旅行者よりも消費額が高い傾向にある家族連れユーザーやグループ旅行者について言えます。

 

families

子供連れの家族

弊社プラットフォームでの夏の滞在の検索の31%は、家族連れユーザーによって行われています。このユーザー層は、安全性と快適さを何よりも重視しています。

long stay guests.jpg

長期滞在者

2021年に弊社プラットフォームで予約された全泊数のうち、25%は7泊以上の滞在で予約されたものでした。このユーザー層は、自宅のような感覚でくつろげることを求めています。

Group and solo travellers

一人旅やグループでの旅行者

最近の調査によると、今年は友人グループとの旅行を検索している旅行者は22%、一人旅を検索している旅行者は17%にのぼることがわかりました。よりターゲットを絞った料金を提供することで、検索結果でのユーザーへのアピールを最大化できます。

弊社のツールキット

料金、空室状況、コンテンツを最適化することで、弊社プラットフォーム上での貴施設のパフォーマンスを向上させ、増加している3種類の旅行者層を呼び込むことができます。その際、以下の目標をご検討ください。

  • コンテンツやポリシーを最適化することで、検索結果での露出強化を図りましょう
  • 予約の際にユーザーにアピールできるよう、戦略的な料金設定を行いましょう

このツールキットには3つのヒントをご紹介しており、伸びているユーザー層を効果的にターゲットするためにご提供内容の差別化や料金設定を行う方法をご確認いただけます。 

 

1. ポリシーを有効化し、ターゲットを絞った料金を設定しましょう

ポリシーを有効にし、客室の最大宿泊人数が常に最新の状態で検索結果に表示されるようにすることで、適切なゲストを呼び込みましょう。さらにターゲットを絞った料金を設定することで、貴施設での予約を促すことができます。

子供連れの家族

競争力の高い子供料金を設定することで、家族連れユーザーからの予約数を平均で15%伸ばせます。

客室ごとに料金を設定するか、パーセンテージに基づく料金設定で各年齢層の子供についてご自由に料金を設定していただけます。

長期滞在者

1週間 / 1ヶ月の連泊プランを設定し、長期滞在への需要を最大限に活用しましょう。これにより、7日間以上の滞在を求めているゲストを呼び込むことができます。

グループや一人旅での旅行者

宿泊人数別の料金設定を活用することで、予約数を年間で最大4%増やせる可能性があります。

宿泊人数に基づいて客室 / ユニットの料金を調整し、全体の稼働率アップを目指しましょう。

子供連れの家族

競争力の高い子供料金を設定することで、家族連れユーザーからの予約数を平均で15%伸ばせます。

客室ごとに料金を設定するか、パーセンテージに基づく料金設定で各年齢層の子供についてご自由に料金を設定していただけます。

長期滞在者

1週間 / 1ヶ月の連泊プランを設定し、長期滞在への需要を最大限に活用しましょう。これにより、7日間以上の滞在を求めているゲストを呼び込むことができます。

グループや一人旅での旅行者

宿泊人数別の料金設定を活用することで、予約数を年間で最大4%増やせる可能性があります。

宿泊人数に基づいて客室 / ユニットの料金を調整し、全体の稼働率アップを目指しましょう。

子供連れの家族

競争力の高い子供料金を設定することで、家族連れユーザーからの予約数を平均で15%伸ばせます。

客室ごとに料金を設定するか、パーセンテージに基づく料金設定で各年齢層の子供についてご自由に料金を設定していただけます。

長期滞在者

1週間 / 1ヶ月の連泊プランを設定し、長期滞在への需要を最大限に活用しましょう。これにより、7日間以上の滞在を求めているゲストを呼び込むことができます。

グループや一人旅での旅行者

宿泊人数別の料金設定を活用することで、予約数を年間で最大4%増やせる可能性があります。

宿泊人数に基づいて客室 / ユニットの料金を調整し、全体の稼働率アップを目指しましょう。

2.  旅行者の多様なニーズに対応するため、貴施設ページを常に最適化しましょう

効果的な宿泊施設ページの条件は、インスピレーションと実際的な情報がバランス良く揃っており、幅広いタイプの旅行者の興味を惹きつつ求められている情報を提供していることです。弊社プラットフォームを利用している重要な旅行者層が宿泊施設ページで求めている情報には、以下のようなものが挙げられます。

family_playing_on_bed.jpg

子供連れの家族

必須の要素:安全性、清潔さ、ロケーション、駐車場

あると好ましい要素:プライバシー、エンターテイメント、その他の家族向け設備・備品

好ましくない要素:高い料金、全員が同じ部屋で滞在できないこと

弊社の調査により、家族連れユーザーにとって最も重要なコンテンツは施設・設備情報や写真であることがわかっています。

 

channel manager

長期滞在者

必須の要素:WiFi、自然光、エアコン

あると好ましい要素:ワークスペース、洗濯機

好ましくない要素:騒音やその他の妨げとなるもの

弊社の調査によると、長期滞在者にとって特に重要な要素は、料金やロケーション、および宿泊施設に関する実際的な情報の確認であることがわかっています。

ede

グループや一人旅での旅行者

必須の要素:ロケーション、客室 / ユニット内でのプライバシー

あると好ましい要素:専用バスルーム、共用エリア、周辺の環境

好ましくない要素:客室 / ユニットの望ましくないレイアウト、高い料金

グループや一人旅での旅行者は、写真を見て客室の広さや清潔さ、レイアウトを確認する傾向にあります。

次の4種類の指標に基づいて貴施設のコンテンツを見直しましょう。

  • 正確性:貴施設の施設・設備情報は正確に表示されていますか?これにより、ユーザーは貴施設が提供しているものを確実に知ることができます。
  • 関連性:写真は貴施設の特徴を正しく表していますか?関連性の高い写真を掲載することで、期待できるものや料金に対する価値などをユーザーに知らせることができます。
  • 完成度:コンテンツが不足しているとユーザーは不安を感じ、ページを離れてしまう可能性があります。また、ユーザーが求めている設備・備品についてアピールする機会を逃してしまうかもしれません。
  • 高画質の写真:画質の良い写真を掲載することで、スクリーン上でも実際の客室の魅力を伝えることができます。

コンテンツの見直しには、宿泊施設ページスコアが役立ちます。管理画面で貴施設のスコアと改善のためのアドバイスを確認しましょう。宿泊施設ページスコアが100%のパートナー施設様は、コンテンツが不足しているパートナー施設様と比べて予約数が最大18%多い傾向にあります。

 

スコアを確認する

child rates

3. 客室タイプの差別化ツールを利用して、有料の客室アップグレードを促しましょう

弊社の調査によると、客室 / ユニットのアップグレードを検討しているユーザーの37%は、差額分の価値を感じられないことを理由に最終的にアップグレードを行わないことがわかっています。

 

客室タイプの差別化は、アップセルを通して各客室 / ユニットから得られる収益を最大化できる効果的な方法であると同時に、様々な旅行者層に適した体験を提供することもできます。例えば、長期滞在者にとっては洗濯機がある客室が魅力的である一方、子供連れの家族には設備の整ったキッチンがあることがプラスとなります。

 

各客室 / ユニットに最適なゲストを呼び込めるよう、管理画面で客室タイプの差別化ツールをご用意しています。本ツールを通じ、各客室 / ユニットの最も魅力的な特長を強調するために実行できる簡単なアクションをご提案します。

 

客室タイプの差別化ツールを使用する

客室タイプの差別化ツールの仕組み

客室タイプの差別化ツールを使用して各客室の特長を強調すると、以下のことが行われます。

  • ユーザーは、貴施設を予約する前に各客室 / ユニットの設備・備品情報を確認・比較できるようになります。
  • 予約が完了してからチェックインまでの期間に、弊社が予約確認ページとメールにてユーザーにお部屋のアップグレードを提案し、予約した客室とアップグレード先の客室の差を強調します。

ゲストが客室アップグレードを受け入れると、内容が変更された予約確認書が送信されます。当該ゲストが元々予約していた客室 / ユニットは貴施設の在庫に再び追加されるため、他のユーザーが予約できるようになります。

 

詳しく見る

roomdiff