オンライン決済サービス

業務量を増やすことなく、クレジットカードが使えないゲストからの支払いを確実に受け取ることができます

国内・海外ユーザーからの予約をさらに取り込みつつ、不正な支払い方法や高いキャンセル率から収益を守りませんか?貴施設で受け付けている支払い方法は、その結果に直接影響してきます。

PayPal、WeChat Pay、Alipayなど、今までとは異なる支払い方法でのオンライン決済を希望するユーザーは増えており、予約する際に支払うことを希望するユーザーも数多くいます。

オンライン決済サービスを導入すれば、ゲストの希望する方法で支払いを受け付けることができます。貴施設のポリシーに従って弊社が決済を代行し、貴施設に確実に料金をお送りします。そうすることで、貴施設では支払いにまつわる業務を減らすことができ、新しいユーザー層にアプローチもでき、さらに安全に収益アップを目指すことができます。

より多くの支払い方法があったらBooking.com上で予約をすることができたユーザーは、全体の5人に1人います*
中国の電子決済サービス「Alipay」の利用者は世界中に9億人以上います*
本サービスが貴施設のエリアで利用可か利用不可かによって、こちらのメインリンクから「オンライン決済サービス」の項目か管理画面の「ホーム」タブへのいずれかに移動します。*参照元:Booking.com、Chinadaily.com。

オンライン決済サービスのメリット

業務量を軽減しつつ、支払いの確保が可能

ユーザーがオンライン決済を利用して予約した場合、貴施設は支払いの追跡や不正なクレジットカードをはじめ、チャージバックや不正予約などを心配する必要がありません。弊社がすべてを代行し、貴施設に料金をお送りいたします。

キャンセル率の低下に効果的

Booking.com上でオンライン決済を利用したユーザーは、キャンセルする可能性が最大で4分の1低い傾向があります。また、すでに料金を支払い済みのため、ノーショー(無断不泊)の数は各段に減ります。

新しいマーケットへアプローチ

より柔軟性の高い支払い方法を提供することで、クレジットカードが使えないユーザーや、現地または国際的に利用されている支払い方法の利用を希望するユーザーにもアプローチすることができます。

オンライン決済サービスとは

オンライン決済サービスの仕組み

ゲストがオンライン決済サービスを利用した場合、弊社が決済を代行し、バーチャルクレジットカード(VCC)に料金を入金します(通知はメールにて送られます)。貴施設では、ゲストのチェックアウト後日から6ヶ月以内に、バーチャルクレジットカードに対して請求を行ってください。チェックアウト日から6ヶ月が過ぎると、VCCは有効期限切れとなります。

VCCの有効期限が切れても、期限が切れた日付からさらに6ヶ月間は有効期限を延ばすことができます。2回目の有効期限が切れてしまった場合は、その時点から貴施設はこの料金を受け取る資格を失い、Booking.comが所有するものとします。

VCCが有効化された後は、その他のクレジットカードと同様の請求処理を行ってください。
貴施設のPOS端末が、遠隔でクレジットカードへの請求ができる設定になっている必要があります。また、POS端末が正しい加盟店コードで登録されている必要があります(正式な宿泊施設として)。
決済代行会社は、VCCの利用についてご利用の銀行に約2%の手数料を請求します。その他の料金等が適用される場合は、ご利用の銀行までお問い合わせください。
オンライン決済サービスは、一部のエリアではまだご利用いただけません。貴施設のエリアでご利用可能な場合、管理画面の「ファイナンス」タブで「オンライン決済サービス」の項目が表示されます。
本サービスが貴施設のエリアで利用可か利用不可かによって、こちらのメインリンクから「オンライン決済サービス」の項目か管理画面の「ホーム」タブへのいずれかに移動します。