「リスクゼロ予約」に関するよくある質問

更新 2 ヶ月 前

セクション1:「リスクゼロ予約」がキャンセルされた場合

セクション2:「リスクゼロ予約」が入ったらどうすれば良いですか?

セクション3:一元管理システムやPMSをご利用の場合の「リスクゼロ予約」について

セクション4:「リスクゼロ予約」のお支払いに関する質問

セクション5:「リスクゼロ予約」の利用開始および利用停止について


セクション1:「リスクゼロ予約」がキャンセルされた場合

キャンセルされる場合のいくつかのシナリオ

シナリオ1:リスクゼロの対象期間前

「リスクゼロ予約」がリスクゼロの対象期間(貴施設の元のポリシーのもと)よりも前にキャンセルされた場合は、貴施設の任意で設定されたポリシーに基づき、通常のキャンセル無料の予約として処理されるため、Booking.comが再割り当て先となるゲストを探すことはありません。詳細については、本ページの下部にあるポリシーのセクションよりご確認ください。

シナリオ2:リスクゼロ期間中 

「リスクゼロ予約」がリスクゼロ対象期間中にキャンセルされた場合、弊社が再割り当て先のゲストを探せるよう、客室に制限を設定せず予約可能な状態にしてください。 

シナリオ3:返金不可の対象期間中

ゲストをさらに呼び込めるよう、「リスクゼロ予約」では事前支払いをゲストに要求しません。支払い方法がゲストのクレジットカードの場合は、キャンセル無料期間の終了後、ゲストのクレジットカードの認証を直ちに行ってください。クレジットカードが無効な場合、48時間以内にご報告ください。弊社にて再割り当て先ゲストを探し始めます。リスクゼロ予約が返金不可の期間にキャンセルされた場合、ゲストがキャンセル料を負担するため、弊社では再割り当て先となるゲストの検索を開始いたしません。

例:「リスクゼロ予約」プログラムにより、予約のキャンセルポリシーが「チェックイン日の7日前まで無料でキャンセル可能」となるようアップグレードされていたとします。キャンセル期限が過ぎた後(つまりはチェックイン日の6日前以降)にゲストがこの予約をキャンセルした場合、キャンセル料の支払いの責任はゲストが負うこととなります。

再割り当て先となるゲストが見つかった場合はどうなりますか?

再割り当ての予約が新規予約として作成されます。

再割り当て先となるゲストが見つかると、管理画面上の元の予約の「予約情報」ページに最新の予約番号が表示されます。新たに作成された予約でも、元の予約情報を確認することができます。一元管理システムやPMSでも、再割り当ての予約の備考欄やテキストのセクションにて同情報をご確認いただけます。

再割り当て先となるゲストが見つからない場合はどうなりますか?

キャンセル後、キャンセルされた客室に制限が設定されておらず予約可能だった場合、キャンセル料の支払い義務は弊社が引き受けます(元の予約のポリシーに基づく)。

なぜ客室に制限を設定せず予約可能な状態にしておく必要があるのですか?

貴施設にゲストが滞在する可能性を最大限にするため、再割り当ての予約は1泊ごとに割り当てられます。そのため、再割り当て先となるゲストを探し始めるには、客室に制限が設定されておらず予約可能な状態である必要があります。再割り当て先ゲストの検索状況について貴施設にいち早く知っていただけるよう、管理画面の通知は注意してご確認ください。「リスクゼロ予約」の最新の変更について確認するには、「予約の変更」のセクションを確認の上、「リスクゼロ予約対象の客室に関する変更履歴を表示」を有効にしてください。

再割り当て先となるゲストはどのように探すのですか?

再割り当て先を探す段階で、貴施設をよりアピールしゲストの予約につなげられるよう、掲載順位のアップや料金のインセンティブを利用することがあります。貴施設に割引をご提供いただく必要はございません。最終的に再割り当て先ゲストが見つからなかった場合、キャンセル料の支払い義務は弊社が引き受けます。

再割り当て先となる予約も「リスクゼロ予約」の対象で、かつアップグレード後のキャンセル無料期間中にキャンセルされた場合、キャンセルされた客室に制限設定がされておらず、空室状況が予約可能な状態になっている限り、弊社にて改めて再割り当て先を検索します。


セクション2:「リスクゼロ予約」が入ったらどうすれば良いですか?

「リスクゼロ予約」が入ったらどうすれば良いですか?

新規予約が入ったら、管理画面またはご利用の一元管理システムまたはPMSにてアップグレード後のキャンセルポリシーをご確認ください。 

ゲストをさらに呼び込めるよう、「リスクゼロ予約」では事前支払いをゲストに要求しません。これにより貴施設に追加で行っていただくことはございません。「予約情報」ページのアップグレード後のポリシーより、各予約のポリシーをチェックし、キャンセル無料期間が終了する日付を確認するようにしてください。

予約の支払いをゲストのクレジットカードから回収する場合、ゲストのクレジットカードが確認可能になり次第、速やかにカードの認証を行ってください。クレジットカードが無効の場合、48時間以内にご報告ください。当該客室に制限が設定されておらず予約可能となっている限り、弊社にて改めて再割り当て先をお探しします。無効なクレジットカードに関する詳細については、こちらの記事をご覧ください

「リスクゼロ予約」が入ったら、「予約情報」ページのアップグレード後のポリシーより、キャンセル無料期間が終了する日付を確認するようにしてください。

「リスクゼロ予約」の詳細はどこで確認できますか?

管理画面の予約ページにて、「リスクゼロ予約」を絞り込むことができます。各リスクゼロ予約の詳細な内容についても確認できます。

  • 予約内容の変更:リスクゼロの客室に関して直近の変更2回分を表示するよう選択できます。
  • リスクゼロ対象の客室に関するお支払いの概要:リスクゼロの対象となる客室に関する支払いの義務についてが表示されます。
  • 各客室のステータス:リスクゼロ予約に関する個別の客室ステータス。
  • ポリシー:リスクゼロ予約のアップグレード後のキャンセルポリシーをタイムライン形式で表示。 
  • 管理画面のホームページでの通知:リスクゼロ予約がキャンセルされ、再び予約受け付けを開始したり、制限を解除したりする必要がある場合、管理画面のホームページにて通知いたします。弊社が再割り当て先となるゲストの検索を始められるよう、客室に制限が設定されておらず予約可能な状態であることをご確認ください。 

一元管理システムにて、アップグレードされたポリシーを確認することができます。詳細についてはセクション3をご確認ください。 


セクション3:一元管理システムやPMSをご利用の場合の「リスクゼロ予約」について

一元管理システムを利用している場合、ゲストが「リスクゼロ予約」をキャンセルすると、どうなりますか?

この場合、キャンセルのメッセージがAPIを介してご利用の一元管理システムへと送信されます。メッセージについては、予約のコメント欄または客室情報からご確認いただけます。その際、「リスクゼロ予約」のキーワードが目印となります。

ゲストがキャンセルした宿泊日に当該客室が予約可能な状態であれば、再割り当て先となるゲストを弊社にて直ちに探し始めます。当該客室が予約可能な状態でない場合、弊社にて再割り当て先となるゲストを探すことはできません。

Booking.comが再割り当て先となるゲストを探す際に妨げとなる可能性があるため、当該客室にはいかなる制限設定も行われていないことをご確認ください。

一元管理システムを使用している場合、「リスクゼロ予約」の進捗を確認するにはどうすれば良いですか?

一元管理システムをご利用されているパートナー施設様の場合、予約が「リスクゼロ予約」であることは一元管理システム上で受け取る予約確認メッセージから確認できます(予約のコメント欄または客室情報をご覧ください)。

リスクゼロ予約に関して重要な情報を見落とされることがないよう、確認と変更、キャンセルに関する3種類のメッセージを弊社よりお送りします。すべてのメッセージには「リスクゼロ予約」と記されており、「リスクゼロ予約」に関するメッセージであることが見分けられるようになっています。

「リスクゼロ予約」がキャンセルされた場合、こちらの予約に関するお知らせの送信は停止されます。弊社にて再割り当ての予約を見つけることができた場合、再割り当ての対象となる予約、およびどこで詳細が確認できるかをお知らせする新規メッセージをお送りします。 

ご利用の一元管理システムを介して送信できる情報には限りがあるため、各予約のより詳しい情報をご確認いただけるよう、すべてのメッセージ内に管理画面の予約ページへのリンクが記載されています。


セクション4:「リスクゼロ予約」のお支払いに関する質問

ゲストが滞在すると、「リスクゼロ予約」の支払いはどのように行われますか?

貴施設がBooking.comからの銀行送金で支払いを回収されている場合、支払いは通常通りに行われます。お支払いに関する詳細は、予約情報ページからご確認いただけます。

貴施設がバーチャルクレジットカード経由で支払いを回収する場合、ゲストの到着日以降、管理画面の予約情報ページまたは一元管理システム上で最新のバーチャルクレジットカード情報をご確認いただけます。

貴施設にてゲストのクレジットカードから支払いを回収される場合、キャンセル無料期間が終了次第、ゲストのクレジットカードの認証を直ちに行ってください。クレジットカードが無効な場合、48時間以内にご報告ください。弊社にて再割り当て先ゲストを再び探し始めます。ゲストのクレジットカードが有効で、予約内容が変更されない場合、ゲストのチェックイン時またはチェックアウト時に直接請求を行ってください。

Booking.comは貴施設が収益を得たすべての予約に対してコミッションを請求いたします。

ゲストがキャンセルした場合、リスクゼロ予約の支払いはどのように行われますか?

セクション1をご確認ください。  

「リスクゼロ予約」の支払いに関する詳細はどこで確認できますか?

貴施設がバーチャルクレジットカード経由で支払いを回収している場合、またはゲストのクレジットカードから支払いを回収している場合、管理画面の予約情報ページまたは一元管理システム上で詳細をご確認いただけます。支払いの詳細については、「リスクゼロ対象の客室に関するお支払いの概要」のセクションをご覧ください。各予約の支払いに関する詳細をご確認いただけます。

Booking.comがキャンセル無料期間中に再割り当て先のゲストを見つけられない場合、どのようにして支払いを受け取れますか?

ご希望のお支払い方法がバーチャルクレジットカードの場合、当該予約の宿泊日当日に、予約情報ページまたは一元管理システム上に記載されているバーチャルクレジットカードに対して料金を請求していただけます。

ご希望のお支払い方法が銀行送金の場合、当該予約の宿泊日が過ぎた後に、通常通りの支払い頻度に則り銀行送金で料金が支払われます。 

ゲストのクレジットカード情報が無効だった場合、どうすれば良いですか?

キャンセル無料期間が終了し、クレジットカードが無効であることを貴施設にて確認された場合、48時間以内にご報告ください。無効なクレジットカードに関する詳細は、こちらの記事をご確認ください。


セクション5:「リスクゼロ予約」の利用開始および利用停止について

「リスクゼロ予約」プログラムの利用を開始するには、どうすれば良いですか?

プログラムの利用を開始するには次の手順に従ってください。Booking.comの管理画面にログインし、「販促アドバイス」をクリックすると「リスクゼロ予約プログラム」のページを開きます。

そちらのページより「リスクゼロ予約」の利用を開始できます。プログラムの利用を開始するには、Booking.comペイメントに参加する必要があります。

Booking.comペイメントに参加されていて、かつフランス在住でない場合、自動的に「リスクゼロ予約」の利用が開始されます。

「リスクゼロ予約」プログラムの利用を停止するにはどうすれば良いですか?

本プログラムが貴施設の方針等と合わないこともあるかと存じます。「リスクゼロ予約」プログラムへの参加を取りやめられたい場合は、管理画面にログインし、「販促アドバイス」をクリックすると「リスクゼロ予約プログラム」ページを確認できます。 

「リスクゼロ予約」プログラムは、パートナー施設様とゲストの双方にとって有益となることを目的としたプログラムです。そのため、弊社のサービス利用規約に反して「リスクゼロ予約」プログラムを不正に利用していることが判明したパートナー施設様については、弊社にてプログラムを停止する権利を有します。

このページを評価してください

ビジネス利用対応プログラム

ビジネス対応の施設・設備を更に追加して、追加費用なしで露出を強化しましょう。

詳細を見る