「サステナブル・トラベル」プログラムについて

パートナー施設様のサステナビリティへの取り組みを称え、それらをユーザーにアピールする、より良い未来の実現に向けた新たなプログラムをご紹介します。

詳細を確認する

リスクゼロ予約について

更新: 4 ヶ月 前
保存

弊社ではキャンセル無料プランの提供にまつわる煩わしさを取り除けるよう、「リスクゼロ予約」プログラムを導入いたしました。本プログラムは、貴施設に新しいゲストからの予約が入る可能性を高めることを目的として作られました。

リスクゼロ予約とは何ですか?

旅行者は今、これまで以上に柔軟性を求めています。最近行われた調査によると、2020年4月には73%のユーザーが宿泊施設の予約に至った主な理由として「無料キャンセル」を挙げていることが分かっています。「リスクゼロ予約」プログラムはこのように高い柔軟性を好むゲストに対して貴施設をアピールする上で役立ちます。

また、リスクゼロ予約は予約を検討しているユーザーにだけメリットがあるわけではありません。弊社のデータによると、リスクゼロ予約を提供するだけで、弊社のパートナー施設様は最大で3%の予約転換率アップを実現しています。ほとんどの旅行者にとって柔軟性は大きな魅力であり、リスクゼロ予約はこうした旅行者にアピールする上で非常に効果的です。

弊社では、柔軟性を高めるとキャンセルの増加につながる可能性があることを理解しています。しかし、「リスクゼロ予約」プログラムはこうした事態を防げる仕組みとなっています。Booking.comでは旅行者の行動に関する独自のデータなどをもとに、キャンセルの可能性が比較的低い予約を行おうとしているユーザーに対してのみ柔軟性が高いキャンセルポリシーを提供します。また、キャンセルが発生した場合には再割り当て先となるゲストを直ちに探し、見つからなかった場合は弊社が補償いたします。

ゲストの再割り当ては、キャンセルとなった客室の販売状況が引き続き予約可能となっている場合にのみ行われますので、その点ご注意ください。また、一部の再割り当てについては、キャンセルとなった客室に制限設定が行われていない場合にのみ行われます。なお、不可抗力事象が原因となったキャンセルについては、他の予約の場合と同様、弊社にて責任は負いかねます。 

キャンセルとなった客室の販売状況は、必ず予約可能の状態にしておいてください。これらの客室に制限設定が行われている場合は、再割り当て先が見つかる可能性を上げるためにも制限の解除をされることをお勧めいたします。

リスクゼロ予約の仕組み

貴施設がより魅力的になるよう、弊社にて貴施設の最も厳しいポリシーをキャンセル無料へと変更します。既にキャンセル無料のポリシーを設定している場合は、無料キャンセル期間を延長します。

「リスクゼロ予約」プログラムに参加した場合は、以下のことが行われます。

  • 貴施設の一部または全客室タイプで返金不可ポリシーが設定されている場合、その一部がBooking.com上でキャンセル無料として販売されます。
  • 貴施設の全客室タイプにキャンセル無料ポリシーが設定されている場合は、Booking.comがその一部のポリシーをより柔軟性の高いもの(チェックインの7日前まで無料でのキャンセルを許可するポリシーなど)へと変更いたします。 
  • こうした柔軟なキャンセルポリシーは弊社のアルゴリズムをもとに、キャンセルの可能性が比較的低いゲストに対して提供されます。 
  • キャンセルが発生した場合、弊社にて再割り当て先をお探しします。
  • 再割り当て先が見つからなかった場合、対象の宿泊日については弊社が補償いたします。
  • 既に完全に柔軟なキャンセルポリシー(3日前までキャンセル無料)を設定している場合、キャンセルポリシーは変更されません。 

どの宿泊施設に対してどのポリシーを適用するかというのは、弊社のアルゴリズムによって毎日グローバル規模で決められます。そのため、リスクゼロ予約が毎日入るとは限りません。リスクゼロ予約の対象となっている客室は、管理画面の「予約」ページで「リスクゼロ」の予約として表示されます。

予約管理に一元管理システムまたは宿泊施設管理システムをご利用のパートナー施設様につきましては、リスクゼロ予約が新しく入った際にはコメント・備考欄にてお知らせします。

リスクゼロ予約を取り扱う方法の詳細については、リスクゼロ予約に関するよくある質問をご参照ください。 

リスクゼロ予約が入ったらどうすれば良いですか?

予約情報ページまたはご利用の一元管理システムで、アップグレード後のキャンセルポリシーをご確認ください。仕組みを分かりやすくするために、カスタマイズされた情報を掲載しています。詳しくは、リスクゼロ予約に関するよくある質問のセクション2をご参照ください。 

ゲストがリスクゼロ予約の対象予約をキャンセルした場合、どうすれば良いですか?

リスクゼロ予約の対象となっている予約がキャンセルされた場合は、キャンセルとなった客室が予約可能な状態になっており、かつ制限設定が行われていないことをご確認ください。この条件が満たされている場合、弊社は再割り当て先を探し始めます。

キャンセルのタイミングによって対応が異なる場合があります。詳しくは、リスクゼロ予約に関するよくある質問のセクション1をご参照ください。

Booking.comは、どのようにしてキャンセルする可能性が低いゲストを対象にリスクゼロ予約を提供するのですか?

弊社では旅行者の行動に関するあらゆる社内データなどをもとに、キャンセルの可能性が比較的低い旅行タイプを予測します。「リスクゼロ予約」プログラムに基づくキャンセル無料ポリシーは、このように特定された旅行を予約しようとしているユーザーに対してのみ提供されます。  

Booking.comは、どのようにして再割り当て先のゲストを見つけるのですか?

リスクゼロ予約対象の予約がキャンセルされると、再割り当て先探しが始まります。リスクゼロ予約の再割り当て先のゲストを見つけるために、弊社では料金の一部減額を行う場合があります。ただし、減額分についてはBooking.comのコミッション分からまかなわれるため、貴施設の収益額には影響はありません。

弊社が再割り当て先のゲストを探している間に、貴施設にて対象となる客室に制限設定を行ったり販売停止を行うと、Booking.comが再割り当て先を探すことができなくなりますのでご注意ください(その場合、Booking.comはキャンセルされた予約に関する責任を負いません)。

予約が不可抗力事象を理由にキャンセルされた場合はどうなりますか?

不可抗力事象が今後予測される場合、弊社では「リスクゼロ予約」プログラムの一環としたキャンセル無料ポリシーの提供を中止いたします。こうすることで、キャンセルされる可能性が比較的高い新規予約を防ぐことができます。例えばパンデミックの影響で新たなロックダウンが発表された場合、「リスクゼロ予約」プログラムの一環としたキャンセル無料ポリシーの提供を中止いたします。しかし、不可抗力事象によるキャンセル全般に関する規約のとおり、既存のリスクゼロ予約について再割り当て先を探す責任は負いかねますのでご了承ください。

リスクゼロ予約に関する詳しい情報はどこで確認できますか?

リスクゼロ予約に関するよくある質問のページをご参照ください。プログラムの参加条件を満たしている場合は、管理画面の「販促アドバイス」タブから「リスクゼロ予約」プログラムのページにアクセスできます。そちらでもリスクゼロ予約について詳しくご案内しております。

リスクゼロ予約プログラムに参加したくない場合、どうすればいいですか?

弊社では、一部のパートナー施設様にとって本プログラムが適正でない可能性があることも承知しています。「リスクゼロ予約」プログラムへの参加をご希望されない場合は、以下の手順に沿って操作を行ってください。

  • Booking.comの管理画面にログインします。
  • 「販促アドバイス」タブをクリックします。
  • 「『リスクゼロ予約』プログラム」をクリックします。
  • ページ下部で「プログラムを退会」をクリックして、簡単なアンケートにご回答ください。

プログラムへの再参加を希望される場合は、同じ手順の操作を行うことで参加することができます。

「リスクゼロ予約」プログラムは、パートナー施設様とゲストの両方にとって有益であることが前提となっています。そのため、「リスクゼロ予約」プログラムを不正に利用していたり、弊社のサービス利用規約に反していることが判明したパートナー施設様については、弊社にてプログラムを停止する権利を有します。

 

この記事は役に立ちましたか?