オーバーブッキング、ノーショーへの対処方法

オーバーブッキングの防ぎ方や万が一発生してしまった場合の対処方法、オーバーブッキングやノーショーなどの問題を解決する方法をご案内します。

記事を保存する
同じ日付および同じ客室に複数の予約が確定している場合、オーバーブッキングと見なされます。 このような事態が発生してしまった場合には、同等以上の別の客室に宿泊できるよう手配してください。 これが可能でない場合、以下の対策をご検討ください。 1. 近くにある同等以上の宿泊施設でゲストが滞在できるよう手配してください。手配のサポートが必要な場合には...
記事を保存する
予約したゲストが到着しなかったものの、キャンセル料を免除することを選択された場合、予約をノーショー(無断不泊)として記録しましょう。その際、キャンセル料を請求できなかった場合にコミッションが請求されないよう、ゲストにキャンセル金を請求できたかどうかを記録に残すことが重要です。 本記事の内容 管理画面でノーショーを記録する方法...
記事を保存する
予約の受付を特定の期間中止したい場合、客室をその期間だけ売り止めすることができます。客室の売り止めについては、こちらの記事をご覧ください。 病気やリノベーション、予期せぬ事態などによって宿泊施設を一時的に閉鎖する必要がある場合は、以下の手順に従ってください。 管理画面の「メールボックス」タブまたはPulseアプリの「その他...
記事を保存する
予約したゲストが宿泊しなかった場合、ノーショー(無断不泊)として記録しておくことが重要です。Pulseアプリでは以下の手順で簡単に記録できます。 Pulseの「予約」タブを選択してください。 ノーショーとして記録したい予約を探してください。画面上部の検索バーを使ったり、カレンダーの到着日を選択して予約リストを表示すると簡単に見つけることができます。...
記事を保存する
ひとつの客室タイプに対して、特定の日付でのオーバーブッキング(過剰予約)を避けるには、料金と空室状況に注意する必要があります。 弊社管理画面の「料金・空室設定」タブからすべての客室料金、および予約を受け付けている日付、売り止めの日付、完売の日付などを確認できます。 直接予約や別のサイト経由で予約が行われた場合には、Booking...