コミッションの請求を誤りとして報告するには、どうすればいいですか?

更新 3 ヶ月 前

コミッションの請求を確認し、予約情報と照合する方法についてはこちらの記事をご覧ください。

コミッションの請求を誤りとして報告する場合

予約内容の変更は、チェックアウトの48時間後まで管理画面から行えます。48時間を過ぎてしまった場合、以下の手順に沿ってコミッションの請求を誤りとして報告することができます。

ご注意:こちらの機能は例外的な場合の対処方法となります。通常は、チェックアウトの48時間後までに「予約」タブから予約内容の変更を行ってください。誤りとしての報告が却下された場合、同じ予約について再度報告することはできません。

  1. 管理画面にログインし、「ファイナンス」タブをクリックします。

  2. 請求明細」をクリックします。

  3. 誤りとして報告」の欄で、報告対象の予約のチェックボックスにチェックを入れると、「~件を誤りとしして報告」という青いボタンが表示されます。

  4. 青い「~件を誤りとしして報告」のボタンをクリックして、実際に支払われた金額に加え、誤りとして報告する理由を選択して内容を説明するコメントを入力します。

  5. 送信」ボタンをクリックします。リクエストのステータスに関するお知らせは、48時間以内に「メールボックス」に送信されます。

誤りとして報告」の欄で、チェックボックスにカーソルを合わせると、報告した内容のステータス(承認済み、却下済み、確認中)が確認できます。

このページを評価してください

モバイル端末からの直前予約を促して、国内の需要を取り込みましょう

当サイトで国内からの需要が増え始める際、74%の予約はモバイル端末で行われることが予想されます。モバイルユーザーは直前に予約する傾向もあるため、モバイル端末割引を設定して露出度を強化しましょう。

モバイル端末割引を設定