お支払いを証明する資料の提出が必要な場合

更新: 5 ヶ月 前 | 読了目安:2分
保存

本記事の内容


お支払いを証明する資料とは

 

お支払いを証明する資料は、支払いが行われたことを裏づける銀行取引明細書または銀行取引書類です。

お支払いを証明する資料には、以下の情報が記載されている必要があります。

  • 日付
  • 金額
  • 受取銀行の情報
  • 送金元の銀行口座情報
  • 取引の参照番号も記載されている場合がありますが、こちらは任意となります

複数の施設を所有するグループの管理者の場合は、支払った金額を、宿泊施設IDと請求書ごとに個別に記載する必要があります。 

管理画面からお支払いを証明する資料を提出するには、「メールボックス」をクリックし、トピックには「請求書とコミッション」を選択し、サブトピックには「支払いの確認」を選択します。


お支払いを証明する資料の提出が必要な場合

 

銀行振込でお支払いの場合は、お支払いを証明する資料の提出が必要になる場合があります。 

請求書の支払いが期限内に着金しなかった場合、弊社の弊社のファイナンス課から貴施設に連絡し、アカウントの一時停止を避けるためにお支払いを証明する資料の提出をお願いしております。 

次の場合にもお支払いを証明する資料の提出が必要なことがあります。

  • 1つの支払いが複数の通貨の影響を受ける場合 
  • 不足金または過入金がある場合
  • 第三者プロバイダー経由で支払いが行われた場合
  • 複数の宿泊施設について一括で支払いを行った場合

この記事は役に立ちましたか?