料金と在庫はどのように設定すると、業績アップにつながりますか?

この記事では、Booking.comでのパフォーマンス向上と売上アップにつながる、料金と在庫を設定する際のポイントをご紹介します。

現在の在庫状況を確認

Booking.comのユーザーは、直前に予約するユーザーもいれば、早めに予約するユーザーもいます。そのため、魅力的な料金で十分な在庫を提供することが、様々なユーザーの目に留まって予約されるための鍵となります。

Booking.comでは、ハイシーズン中の在庫を設定しておくことで、世界中のユーザーにアピールすることができます。国内旅行者に比べると、海外からの旅行者は出費が18%多く、滞在期間も40%長く、予約のタイミングは2倍も早いことが分かっています。

ユーザーの予約傾向に応じて在庫を調整

Booking.comでは、16ヶ月先までの予約が可能になっています。ここまで先の予約をする人はいないのではないか、と思うかもれしれませんが、最近イギリスで行われた調査によると、旅行者の44%は旅行の3~6ヶ月前、17%は7~12ヶ月前から計画することが分かっています。

そのため、そこまで先の料金設定を決めていない場合でも、とりあえず妥当と思える料金を設定した上で、在庫を設定しておくことをおすすめします。そうすることで、ユーザーの検索結果に貴施設が表示されるようになります。料金設定は、後からでも変更できます。

在庫はなるべく多く設定

在庫は多ければ多いほど、特定の日程で宿を検索しているユーザーの検索結果に表示されやすくなります。また、検索結果でユーザーの目に留まりやすくなると、予約の可能性も高まります。そのため、弊社プラットフォームを最大限に活用するためには、重要な日付を必ず念頭に置いておき、在庫をなるべく多く設定することが重要になります。

Booking.comで特定の日付を何らかの理由で売り止めにした場合、在庫がないことになるため、検索結果に表示される回数が減る場合があります。こうした場合、売り止めを解除した際に、常に在庫があり、予約転換率を増加させてきた競合施設に比べると訪問者数が少なくなる可能性があります。あまり厳しい制限は設定せず、常に在庫を提供することによって、年間を通して安定したパフォーマンスが見込めます。

需要が高い日付は管理画面の「販促アドバイス」から確認できます。また、予約者の傾向などについては、「アナリティクス」タブにある「予約者データ」または「キャンセルの傾向」から確認できます。

様々な料金タイプを設定して幅広いゲスト層にアピール

ユーザーはそれぞれ異なるニーズを抱えているため、様々な料金タイプを提供することによって、幅広い顧客層にアピールすることができます。例えば、家族連れであれば朝食付きのプランを希望することが多いかもしれませんが、出張利用の場合はお部屋だけあれば十分というユーザーも多いでしょう。

「朝食付き」や「返金不可」など、新しい料金プランの追加はBooking.comの管理画面から簡単に行えます。すでに設定されている各客室タイプの通常料金をもとに、割引または割増を設定します。客室数を変更する必要さえありません。

料金設定のポイント 管理画面の「アナリティクス」タブには、貴施設を市場と比較するためのツールが揃っています。現在のパフォーマンスを分析したり、前年度の売上と比較したり、ゲストがチェックイン日のどれだけ前にどのような料金で予約しているかなど、ゲストの予約の傾向などを確認することができます。

「アナリティクス」タブに移動する

必要に応じてセールを設定

短期間中、パフォーマンスをぐっと上げたい場合は、露出の拡大と稼働率アップが見込めるセールを設定するのが効果的です。ただし、セールに頼りすぎるのではなく、セールを設定するのは必要なときに留めることをおすすめします。 こうすることで、需要が高い日程に料金を低く設定しすぎることを防げます。

また、セールは需要が少ないシーズンに予約を獲得する上では効果的ですが、ハイシーズンでも稼働率が伸びない場合は全体的な料金設定を見直してみることをおすすめします。

「直前予約」のようなセールでは、ユーザーの目に留まりやすいよう、ウェブサイト上に特別なバナーが表示されます。また、セールはゲストの滞在日数を延ばす効果もあります。滞在日数が延びると、タオルや洗濯などにかかる運用コストを抑えながらも売上アップを実現できます。

管理画面の「プロモーション」タブで価格戦略に合ったセールを設定して、露出の拡大と稼働率アップを実現しましょう!

セールを設定する