ゲストのクレジットカードを無効として記録するには、どうすればいいですか?

※ゲストに請求を行っていない予約についてコミッションが発生しないよう、クレジットカードを無効として記録する方法に変更を加えました。今後は、予約が既にキャンセルされている場合でも、クレジットカードを無効として記録することができます。

この変更は特に返金不可の予約の場合、支払いを受け取れなかったことが弊社にも分かるため有効です。返金不可の予約については、チェックイン日の前から毎月のコミッションの請求書が発行されるまでの間、クレジットカードを無効として記録することができます。

ゲストのクレジットカードが無効と表示されている場合は、以下の手順に沿って操作してください。

  1. 弊社管理画面の「予約」タブを開き、当該予約の宿泊者名または紹介番号をクリックします。
  2. ページ右側にある「無効なクレジットカードとして記録」を選択します。
  3. クレジットカードを無効として記録すると、代替クレジットカードの24時間以内の提供をお願いするメールまたはSMSがゲストに自動送信されます。
  4. ゲストがカード情報を更新した場合は、貴施設にメールが送信されます。24時間以内にメールが送信されなかった場合は、管理画面の「予約」タブから予約をキャンセルすることができます。また、チェックイン日の15:00(現地時間)を過ぎた場合はいつでも予約をキャンセルすることができます。

チェックインの48時間前を過ぎてからの予約でカードが無効な場合、ゲストは12時間以内(またはチェックイン日の15:00までのいずれか早い方)にカード情報を更新できます(通常は24時間の有効期限が与えられます)。

カード情報を更新するまでに、ゲストは必ず最低2時間の有効期間を与えられます(例:チェックイン日の14:00以降の予約の場合)。

販売泊数が10泊以上の直前予約については、クレジットカードを無効として記録してから2時間後からパートナー施設様によるキャンセルが可能です。一部の予約については、弊社からゲストへカード情報の更新をお願いする連絡を差し上げます。貴施設からゲストへ連絡を図ったり、カードを無効として記録する必要はありません。代替クレジットカードが提供されない場合は、貴施設は予約をキャンセルすることができます。注意:新着および更新されたカード情報は毎日メールで送信されます。無効クレジットカードのステータス概要は、管理画面の「予約」タブで「更新済み」と「更新待ち」の絞り込み条件を使って確認できます。