ユーザーがクレジットカード情報を入力せずに予約できるよう設定する方法

更新: 4 ヶ月 前 | 読了目安:2分
保存

クレジットカード情報を入力したくないユーザーも存在し、この傾向は特にモバイル端末で顕著に見られます。そのため、クレジットカード情報を入力必須の項目とすると、潜在的な予約の機会を逃してしまう恐れもあります。クレジットカード情報を入力せずに予約できるように設定し、より多くのユーザーにアピールしましょう。


クレジットカード情報の入力を不要に設定する方法

クレジットカード情報の入力を不要に設定すると、ユーザーはクレジットカード情報を入力せずに客室 / ユニットの予約ができるようになります。このポリシーを有効にする手順は以下の通りです。

  1. 管理画面にログインします
  1. 宿泊施設」タブの「ポリシー」をクリックします
  2. その他のポリシー」で、「クレジットカード不要の予約」欄の「編集」をクリックします
  3. どのような種類の予約をクレジットカード情報なしで受け付けるか選択します
  4. 保存」をクリックします

クレジットカード情報なしで受け付けることが可能なのは、以下の3種類の予約です。

国内ゲストからの予約 – クレジットカード情報なしで予約できる選択肢を提供することで、国内からの予約を獲得できる可能性を伸ばせます。貴施設を保護するため、同じ日程の重複予約を作成していない場合のみが対象となります。

直前予約 – 当日または前日の予約を受け付けることで、空いている客室 / ユニットを埋めることができます。これらのユーザーは比較的予約頻度が高く、キャンセル率が低いのが特徴です。

遅めの予約 – チェックインからどの程度前の期間であれば、クレジットカード情報なしでの予約を受け付けるか設定できます。

この記事は役に立ちましたか?