データに基づいて作成された弊社のガイドを活用し、シーズン終盤の需要を取り込みましょう。

カード認証や料金の回収に関するソリューション

更新: 4 ヶ月 前 | 読了目安:3分
保存
宿泊者様向けの情報をお探しの場合
カスタマーサービスにお問い合わせください

弊社プラットフォームでのオンライン決済でなく貴施設での現地決済を希望する場合、ゲストは予約時にクレジットカード情報を提供する必要があります。これらのカード情報は認証する必要があり、決済プロセスに関連するリスクを管理する必要もあります。弊社のクレジットカード情報認証およびキャンセル料回収のソリューションは、この手間を軽減するのに役立ちます。


本記事の内容


ソリューションの仕組み

本ソリューションは強力な顧客認証を確立することを目的として、ゲストのクレジットカードの有効性の確認やキャンセル / ノーショー(無断不泊)で発生したキャンセル料の請求、チャージバックへの対応などを網羅しています。また、追加料金は一切ありません。

本ソリューションの仕組みは以下の通りです。

  • ゲストが前払い不要の柔軟なポリシーを予約した際に、弊社がその都度クレジットカードの認証を行います。ゲストは到着時、貴施設に直接料金を支払います。

  • ゲストから提供されたクレジットカード情報は、貴施設に送信することなく、弊社が安全に保管します。

  • キャンセルまたはノーショー(無断不泊)が発生した場合、それに伴うキャンセル料は貴施設に代わり弊社が請求を行います。

  • 料金の回収率を上げるには、ノーショーがあった場合に、チェックイン日から4日以内に管理画面でその旨の記録を行う必要があります。 

  • ゲストからキャンセル料を回収し次第、バーチャルクレジットカードを介して弊社から貴施設に当該料金をお支払いします。料金の受け取り方法に銀行振込をご希望される場合、貴施設への通常の支払い手続きと同じ周期で振り込みが行われます。

  • キャンセル料の回収ができなかった場合、当該予約へのコミッションは免除されます。

本ソリューションへの登録はこちらから


ソリューションがもたらすメリット

  • 貴施設がゲストのクレジットカードの認証や事前承認、キャンセル / ノーショーにまつわるキャンセル料の回収を行う必要がなくなるため、業務量の軽減が期待できます。

  • 無料キャンセル期間にゲストのクレジットカードが認証されるため、無効なクレジットカードにまつわるリスクを軽減できます。

  • キャンセルやノーショーにまつわるキャンセル料の請求からチャージバックが発生した場合は弊社が対応し、またキャンセル料が回収できなかった場合は当該予約のコミッションが免除されます。

  • ゲストのクレジットカード情報は弊社が安全に保管しているため、貴施設が情報管理やSCA遵守について対処する必要はありません。

この記事は役に立ちましたか?