バーチャルクレジットカードの手数料の引き下げと課金可能日の繰り上げについて

更新: 2 ヶ月 前 | 読了目安:3.5分
保存

弊社ではこれまで、新型コロナウイルス(COVID-19)の状況を踏まえ、またパートナー施設様やゲストの利益を守ることを目的として、未課金のバーチャルクレジットカード(VCC)および今後提供するVCCにつきましては、すべて課金可能日をチェックイン日の翌日に変更させていただいておりました。現在、条件を満たす一部のパートナー施設様を対象に、課金可能日を以前の状態に戻す処理を行っております。またVCCにつきましては、手数料が以前より25%少ない新しいタイプのものへの切り替えが完了しております。


本記事の内容


VCCの課金可能日の繰り上げについて

VCCは、ゲストの予約手続きを合理化するために、弊社がパートナー施設様に提供しているお支払い方法のひとつです。ゲストがオンライン決済を選択した場合、ゲストは希望する支払い方法で支払いを行います。その後弊社がVCCに当該額を入金いたしますので、施設様は通常のクレジットカード同様、VCCに課金を行っていただけます。それぞれのVCCに課金可能日が定められており、また各VCCは一度のみ使用できます。

これまで弊社では、新型コロナウイルスのパンデミックによる極めて予測不可能な状況を緩和するため、一時的にすべてのVCCの課金可能日をチェックイン日の翌日に変更させていただいておりました。本変更は、キャンセルとVCCへの返金に関し、直前に発生しうる多大な業務量を軽減することを目的としていました。

現在、お支払いの実績が確立されており、条件を満たしているパートナー施設様につきましては、こちらの課金可能日を以前の状態に戻す処理を行っているところです。満たしている必要のある条件はこちらです:

  • 過去12ヶ月間に渡り、支払い期限に従い、毎月の請求書を滞りなく処理していただいていること。
  • 過去12ヶ月間に渡り、未払いまたは帳消し済みの請求書がないこと。
  • 60~90日間の返金期間を過ぎた、ゲストへの返金が未完了のVCCがないこと。
  • 過去6ヶ月間に渡ってBooking.comとパートナー契約を結んでいただいており、ゲストの滞在とクチコミが確認されていること。

以上の条件をすべて満たしている場合、次の四半期の第6週より、課金可能日が繰り上げられたVCCの送付が開始されます。この場合、VCCの課金可能日は以下のようになります。

  • 返金不可の予約の場合:予約が成立した日にVCCに課金することができます。
  • 一部返金可の予約の場合:予約が90%返金不可となったタイミングでVCCに課金することができます。
  • その他の全予約の場合:ゲストのチェックイン日当日にVCCに課金することができます。

施設様の状況は四半期ごとに確認させていただき、上記の条件を満たさなくなった場合には、課金可能日をチェックイン翌日としたVCCの発行を再開いたします。


手数料の引き下げについて

VCCを利用したお支払い方法をパートナー施設様に提供するためにはVCC発行会社と提携する必要があり、これには一定の手数料が発生します。最近弊社では、新しいVCC発行会社への切り替えを行い、これにより手数料が25%軽減されました。ご利用の決済サービス提供会社との契約に応じて、弊社から発行されているVCCについての手数料が減額されていることがご確認いただけることと存じます。詳細については管理画面をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?