バーチャルクレジットカード(VCC)について

更新: 4 ヶ月 前 | 読了目安:5分
保存

バーチャルクレジットカード(VCC)とは、弊社プラットフォームのゲストから貴施設への支払いを弊社が代行する際に発行する、一時的に利用できるデジタルなMastercardです。VCCは通常のクレジットカードと同じように機能し、弊社からのお支払いが保証されます。また、カードの事前承認や認証を行う必要がないため、時間の節約にもつながります。


本記事の内容


VCCの仕組み

VCCは、ゲストの予約手続きを合理化するために、弊社がパートナー施設様に提供しているお支払い方法のひとつです。ゲストがオンライン決済を選択した場合、ゲストは希望する支払い方法で支払いを行います。その後弊社がVCCに当該額を入金いたしますので、施設様は通常のクレジットカード同様、VCCに課金を行っていただけます。

VCCでのお支払い方法や課金方法、有効期限などは以下でご確認ください。

  • お支払いが行われるVCCの情報は、管理画面でご確認いただけます。また、課金可能日が記載された通知メールをお送りします。
  • お支払いを受け取るには、課金可能日に応じてVCC情報をPOSに入力し、通常のクレジットカードと同様に課金してください。
  • すべてのVCCには有効期限があり、チェックアウト日から12ヶ月以内に課金する必要があります。期限を過ぎるとVCCの残高を得られなくなりますが、このような状況が発生しないよう弊社からリマインダーをお送りします。
  • 2019年11月1日以降に行われた予約については、チェックアウト日から12ヶ月後までVCCに課金できます。
  • 2019年11月1日よりも前に行われた予約については、チェックアウト日から6ヶ月後までVCCに課金できますが、当該有効期限から最長で6ヶ月間期限を延長することができます。
  • 課金可能となったすべてのVCCは「予約」ページのほか、「ファイナンス」タブの「バーチャルクレジットカードの管理」にて確認できます。後者には、課金・返金すべき全VCCの一覧も表示されます。
  • VCCは該当する各予約について新しく発行されます。
  • 各VCCには固有のカード番号、有効期限、セキュリティコードがあり、これらが再利用されることはありません。  
  • 各VCCは予約1件ごとに一度のみ利用できます。

VCCが課金可能となった後、当該予約のチェックアウト日から18ヶ月間(547日間)は、管理画面でカード情報を何度でもご確認いただけます。また、VCCの未課金の残高については、弊社より毎週メールで通知をお送りいたします。

VCCの課金可能日は、特定の条件を満たされているかどうか、および予約の種類により異なります。課金可能日についての詳細は、こちらの記事からご確認いただけます。


VCCへの課金方法

VCCに課金するには、以下の手順に従ってください。

  1. 管理画面にログインし、「予約」をクリックします。
  2. 該当する宿泊者の名前または予約番号をクリックします。
  3. クレジットカード情報を表示」をクリックします。
  4. VCCの情報をPOSに入力します。
  5. ゲストが支払いを行った客室 / ユニットの料金を課金します。

予約」ページにアクセスするには、管理者のアクセス権または適切なアクセス権を持つアカウントでログインする必要があります。


VCCに課金する際に問題が生じた場合の対応方法

エラーの一般的な原因と、それぞれへの対応方法は以下の通りです。

  • 課金可能日より前である:管理画面で課金可能日をご確認ください。
  • カードの残高が不足している:課金額が対象となる客室 / ユニットの料金を上回っていないことを確認し、もう一度お試しください。特定の追加料金や税金が料金から除外されている場合があることにご注意ください(これらは通常1名あたりのものとして設定されており、市税などが該当します)。これらについては、ゲストから滞在中に直接回収する必要があります。各予約のVCCの課金可能な金額と料金の内訳は、管理画面の当該予約のページから確認できます。
  • 入力したセキュリティコードと有効期限が正しいかご確認ください
  • POS端末の業種コードが無効である:ご利用の決済サービス提供会社にお問い合わせください。登録されている業種コードが宿泊施設提供者である場合のみ、VCCに課金を行えます。業種コードは必要があれば変更できます。
  • セキュリティ対策としてロックがかけられた:同じVCCに規定回数以上の課金を試みたことが考えられます。24時間後にもう一度お試しください。

VCCへの課金について詳しくご覧になりたい場合は、こちらの動画をご覧ください。


VCCで支払われる予約についてキャンセルやノーショー(無断不泊)、予約内容の変更があった場合

キャンセルやノーショー、予約内容の変更によってキャンセル料等が発生した場合は、更新されたVCC情報が記載されたメールをお送りしますのでそちらに課金を行ってください。

貴施設がVCC経由で支払いを受け取った予約についてゲストに返金を行う必要がある場合、当該予約について弊社が提供したVCCと同じものに返金を行う必要があります。こちらはVCCの有効期限が過ぎたあとでも行えます。その場合、返金を行う時点での月を有効期限として入力してください。ゲストには、弊社から返金を行います。

VCCへの返金方法についての詳細は、こちらの記事をご参照ください。


決済サービスに関する詳細

この記事は役に立ちましたか?