一元管理システムをご利用中のパートナー様に向けた、カード認証や料金の回収に関するソリューション

更新 2 ヶ月 前
保存

パートナー施設様が支払い関連の業務量を軽減できるよう、弊社ではカードの認証やキャンセル料の回収に関するソリューションをご用意しています。本ソリューションは強力な顧客認証を確立することを目的として、ゲストのクレジットカードの有効性の確認やキャンセル / ノーショー(無断不泊)で発生したキャンセル料の請求、チャージバックへの対応などを網羅しています。

本ソリューションはBooking.comペイメントをご利用中で、前払い不要かつキャンセル無料のポリシーが1つ以上有効になっているパートナー施設様のみにご利用いただくことができ、これには外部の予約管理システムや決済システムをご利用中の施設様も含まれます。本記事では、一元管理システムをご利用中のパートナー様に向けた追加のガイダンスをご確認いただくことができます。


本記事の内容


ソリューションの仕組み

本ソリューションへは、管理画面のポリシーページからご登録いただけます。現時点では、一元管理システムまたはPMSのプラットフォーム経由でのご登録はできませんのでご留意ください。ご登録が完了すると、各予約ごとに、クレジットカード情報は弊社が認証することをお知らせするメッセージが貴施設に送信されます。

ご利用中のPMSがクレジットカード情報なしの予約を受け付けていない場合、これに該当する予約には弊社でダミーのクレジットカード情報(請求不可)を代わりに入力し、貴施設が予約を受け付けられるようにします。ダミーのカードに対し、貴施設には何も行っていただく必要はありません。

カード認証や料金の回収についてのソリューションに関するさらに詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。


自動決済システムへの調整

現在、決済ソリューションプロバイダーのシステムを利用してゲストのクレジットカードに対する自動チェックを行っている場合、弊社がカード認証を行う予約に関しては、ダミーのクレジットカード情報でも予約が受け付けられるようシステム内の設定をご変更いただく必要があります。当該予約には、有効なクレジットカード情報は含まれておりません。

この設定変更が行われずに当該予約が貴施設の予約管理システムから決済ソリューション側に送信されると、認証に失敗する可能性があります。この事象が発生した場合には、その予約を無効なクレジットカードとして登録することはおやめください。また、システム側でもそのような登録が行われないようご確認をお願いします。


管理画面内でのVCC経由の料金回収

ノーショーや有料のタイミングでのキャンセルが発生した場合、貴施設に代わり弊社がゲストのクレジットカードにキャンセル料の請求を試みます。回収した料金は、Booking.comの管理画面内でバーチャルクレジットカード(VCC)を介して貴施設に送金されます。当該料金を受け取るには、管理画面にログインしていただく必要があります。こちらのVCCはBooking.comの管理画面からのみ利用可能となっており、ご利用の一元管理システムやPMSからはアクセスできません。

料金の回収に失敗した場合、当該予約へのコミッションは自動的に免除されます。また、キャンセル料の請求が完了した後にゲストから異議があった場合には、発生したチャージバックへの責任は弊社が負うものとします。貴施設が何らかの措置を講じたり、ゲストに返金する必要はありません。

本ソリューションへの登録はこちらから

この記事は役に立ちましたか?