請求書のお支払い履歴に関する問題を解決しました

先日、弊社にて管理画面における技術的な問題を確認いたしました。本問題により、貴施設の請求書およびお支払い履歴に関して最新の情報が表示されていない可能性がございました。現在、こちらの問題は解決され、貴施設の請求書および最近のお支払いのステータスは更新されておりますのでお知らせ申し上げます。

 

本件に関して弊社にご連絡いただく必要はございません。弊社内部の支払いシステムはどの時点においても影響を受けておらず、貴施設の請求書およびお支払いの記録については正確な情報が終始保持されておりましたのでご安心くださいませ。ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。

 

ゲストによる当日予約を防ぐには、どうすればいいですか?

更新 9 ヶ月 前

当日予約を受け付けたくない場合は、料金プランに「予約受付終了日」の制限を設定できます。こちらの制限を設定すると、貴施設はユーザーの検索条件がその設定内容に合致した場合のみユーザーの検索結果に表示されるようになります。

設定方法はご利用のカレンダー表示によって異なります。以下の画像で貴施設の管理画面に当てはまるオプションを確認の上、設定を行ってください。

 


オプション1:リスト表示のカレンダー

リスト表示のカレンダーをご利用の場合、「予約受付終了日」の制限は以下の手順で設定できます。

  1. 管理画面にログインして、「料金・空室設定」タブのカレンダーをクリックします。
  2. カレンダーの上にある「制限」のチェックボックスにチェックを入れると、貴施設の客室に設定できるすべての制限が表示されます。
  3. 対象の日付・客室を見つけたら、「予約受付終了日」に対応する白いセルをクリックします。当日予約を受け付けないようにするには、「1D」(1 Day:1日)と入力します。
  4. 複数の日付についてこの制限を設定するには、セルをクリックして、青いハンドルを左右にドラッグします。制限を設定したい期間を選択したら、「1D」と入力して「保存」をクリックします。
  5. 1ヶ月以上先の日付について制限を設定する場合:客室タイプ/ユニットの下にある「一括編集」ボタンをクリックすると、画面右側にパネルが表示されます。制限を変更したい日付を選択して、「制限」のボックスをクリックします。料金と制限を選択し、選択した制限の下にある白いボックスに値を入力しくてください。最後に「変更内容を保存」をクリックします。

オプション2:月間表示のカレンダー

月間表示のカレンダーをご利用の場合、「予約受付終了日」の制限は以下の手順で設定できます。

  1. 「料金・空室設定」タブでカレンダー(または対象の客室名)をクリックします。
  2. 日付をクリックするか、複数の日付を選択する場合は青いハンドルをクリックしながら左右にドラッグします。
  3. カレンダーの右側に表示されているパネルで、対象の料金レートの下にある「制限」をクリックします。
  4. 「予約受付終了日」のドロップダウンメニューから「1日」を選択します。
  5. 最後に「保存」をクリックします。

このページを評価してください

Black Fridayセールが提供可能です

本セールを設定し、今年の終わりから2021年の1年間にかけて予約数アップを狙いましょう。

詳細を見る