請求書のお支払い履歴に関する問題を解決しました

先日、弊社にて管理画面における技術的な問題を確認いたしました。本問題により、貴施設の請求書およびお支払い履歴に関して最新の情報が表示されていない可能性がございました。現在、こちらの問題は解決され、貴施設の請求書および最近のお支払いのステータスは更新されておりますのでお知らせ申し上げます。

 

本件に関して弊社にご連絡いただく必要はございません。弊社内部の支払いシステムはどの時点においても影響を受けておらず、貴施設の請求書およびお支払いの記録については正確な情報が終始保持されておりましたのでご安心くださいませ。ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。

 

特定のタイミングでキャンセルされた客室を即座に再販するには、どうすれば良いですか?

更新 8 ヶ月 前

よくあるキャンセルのリクエストに対応する時間を節約できるよう、弊社ではキャンセル料の免除を行えるツールを作成しました。

本ツールを使うことで、特定のタイミングでのキャンセルリクエストについて、キャンセル料を自動的に免除することが可能となります。これにより、キャンセルのリクエストに素早く対応し、客室をすぐさま再開することができます。

どの予約のキャンセル料を免除するかは、予約からキャンセルでの時間枠に応じて設定できます。例えば、キャンセルの大半は予約から1日以内に行われます。本ツールを使用すると、カレンダーは直ちに更新され、キャンセルされた客室の再販も開始されます。

本機能を有効にするには、管理画面の「販促アドバイス」で関連するビジネスインパクトを探し、設定画面へ移動してください。

「販促アドバイス」で該当するものが見当たらない場合、以下の手順に従ってください。  

  1. 管理画面にログインし、「宿泊施設」タブをクリックします。

  2. 「ポリシー」を選択します。

  3. 「キャンセル&前払いポリシー」の欄で、特定のタイミングでのキャンセル料の免除を認めたいポリシーの「編集」ボタンをクリックします。

  4. 「無料キャンセル期間を設けていますか?」という箇所で「はい」を選択します。

  5. 適用したい条件を設定します。

  6. 最後に「保存」をクリックします。

注意点:返金不可や一部返金可の予約に関しては、ゲストから回収したキャンセル料はすべてコミッションの対象となります。これらの予約では、実際に貴施設に滞在したかどうかにかかわらず、ゲストは指定された返金不可の料金(宿泊料金の全額 / または一部の金額)を支払う義務を負います。

このページを評価してください

Black Fridayセールが提供可能です

本セールを設定し、今年の終わりから2021年の1年間にかけて予約数アップを狙いましょう。

詳細を見る