より良い宿泊施設写真を撮影するには

更新 26 日 前

キーポイント:ユーザーの宿泊先選びにおいて、サイトに掲載されている写真は重要な役割を果たします。貴施設の写真を最大限に活用するためには、必ず弊社のガイドラインをご確認ください。またベストプラクティスも併せてご参照いただけますと幸いです。


写真撮影に関するガイドライン

目的や趣旨に合った宿泊施設写真のフォトギャラリーは、ユーザーが次の滞在先を決めるきっかけのひとつとなります。貴施設が最適なフォトギャラリーを作成できるよう、以下にガイドラインをまとめました。

  1. 写真は旅行に関連するもので、ゲストに有用なものを使用すること:

以下の例のように、もっとも参考になるような内容の写真を選ぶことでゲストの期待値を適正に保ちましょう。

  • 貴施設で利用可能な施設・設備やサービス
  • 内装、ロケーション、周辺エリア
  • セキュリティ関連の設備など
  • 貴施設全体と客室内の両方における清潔さに関する対策
  • Booking.comから受賞したアワード(該当する場合)

宣伝的要素(料金や割引、サービスなど)、宿泊施設情報(メールアドレス、電話番号、ウェブサイトのURL、ロゴ、ウォーターマークなど)、第三者機関の商標などが含まれる写真はすべて削除いたしますのでご了承ください。

  1. 世界各国のユーザーにとって適切な写真を採用すること:

あらゆるユーザーが貴施設の写真を有効に活用できるよう、全世界のユーザーにとって適切な内容の写真を選択してください。違法なコンテンツや内容、または暴力を描写した写真は削除いたします。

さらに、あらゆる種類の差別、冒涜、卑猥なヌード(年齢を問わず)、性描写(暗示的・明示的を問わず、写真の主な被写体となっている場合)を描いた、あるいは上記を示すような写真はすべて削除いたします。

最後に、ゲストの健康や安全を害する、または弊社の動物福祉基準に違反する可能性のある、誤解を招くような情報を含む写真はすべて削除いたしますのでご了承ください。

  1. 著作権を確認すること:

貴施設が使用する権利を有する写真のみをアップロードしてください(ご自身で撮影した写真、撮影者もしくは所有者から正式に使用許可を得た写真、または使用するためのライセンスを購入した写真など)。

著作権を保持していない写真や画像を使用することはお控えださい。著作権を保持していない写真や画像の使用は違法であり、必要な許可やライセンス、著作権などを取得せずにアップロードされた写真は自動的に、または弊社の担当チームにより、あるいは当該写真の所有者からの要求に従って削除されます。

  1. 個人のプライバシーを尊重すること:

掲載する写真は、人物ではなく宿泊施設に焦点をあてたものを選びましょう。個人データが含まれる写真を使用することはお控えください。

ここで言う「個人データ」とは、ゲストが写っている写真で、ゲストがプライバシーが確保されていると合理的に理解している貴施設内の場所(例:バスルーム、ベッドルーム、更衣室、サウナなど)で監視装置などによって撮影されたものなどを意味します。

このような状況下で撮影され、写っている人物の明示的な許可を得ずにアップロードされたものは、その人物の要請があった場合には削除されます。

宿泊施設の写真に関する弊社の社内ガイドラインに基づき、写真に関して行って良いこと、行ってはならないことを以下の表にまとめておりますのでご参照ください。

  1. 写真は旅行に関連するもので、ゲストに有用なものを掲載すること:

行って良いこと

行ってはいけないこと

  • 専門的な協会や政府機関などから受賞したアワードについては掲載していただいて構いません(可能であれば世界中のユーザーが理解できるよう、英語のものが理想的です)。
  • Booking.comから受賞したアワードを掲載し、ゲストに安心感を与えましょう(可能であれば最近のものが理想的です)。
  • また、施設・設備やサービスに関する最新の画像を掲載することも推奨します。
  • 外観や内装、ロケーション、セキュリティ設備などの写真を掲載しましょう。
  • 清潔さに関して行っている対策などが確認できる写真や、清潔さに関する証明書(例:IHG safe、SG clean、All safe、ISSA)の写真を掲載しましょう。
 

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - Awards
  • Booking.comのリスティングには、他の旅行プラットフォームからのアワードは含めないでください。同様に、他のプラットフォームではBooking.comからのアワードを利用しないことをお勧めします。
  • Booking.com以外のオンライン旅行プラットフォームのロゴ、ウォーターマーク、または商標は含めないでください。
  • リンク、URL、住所、電話番号、メールアドレス、QRコードなどの連絡先情報は含めないでください。
  • プロモーション用のハッシュタグ、割引情報、またはSNSアカウント(ご自身または貴施設のアカウントのいずれも)を写真に含めないでください。
 

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - Original
  1. 世界各国のユーザーにとって適切な写真を採用すること:

行って良いこと

行ってはいけないこと

  • 成人の部分的な裸が写った写真は、それが写真の主な焦点でない場合に限り掲載することができます(水着着用の人物や、スパなど貴施設で提供しているサービスの写真など)。
  • 成人の部分的なヌードが描かれた芸術作品(例:ポスター、写真、絵画、彫刻など)は、ひわいな露出がない限り含めることができます。
  • 武器や銃を描いた写真は、装飾や歴史的な正確性のために使用される場合に限り、掲載することができます。

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - Partial nudity
  • 成人の部分的な裸が写っている写真は、被写体がわいせつな行為を行っている場合またはわいせつな行動を示している場合、掲載してはいけません。
  • 裸または一部裸の子供にピントが合っている写真は使用してはいけません(プールのそばまたはプールの中にいる場合など)。写っている子供が危険にさらされてしまう恐れがあります。
  • 誤解を招き、ゲストに害を与える可能性がある情報は掲載してはいけません(例:「新型コロナウイルスの感染リスクなし」、「ノミのいないベッド」など)。
  • 差別的な言葉や画像、またBooking.comのユーザーまたはBooking.comのブランドの評判を傷つけるような写真を含めてはいけません。
  • Booking.comの動物福祉基準に違反したり、動物が虐待されている様子を写した写真は使用してはいけません。

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - misleading information
  1. 著作権を確認すること:

行って良いこと

行ってはいけないこと

  • ご自身が撮影した写真、撮影者もしくは所有者から明示的な使用許可を得た写真、または使用するためのライセンスを取得した写真をお使いください。

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - Original
  • 使用について明示的な権利を有しない写真は使用してはいけません。使用の可否について疑問がある場合は、使用して良いことが確実な別の写真を使用することをお勧めします。
  • 事前に許可を得ずにゲストの写真を使用してはいけません。

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - Not original
  1. 個人のプライバシーを尊重すること:

行って良いこと

行ってはいけないこと

  • ゲストが期待している水準のプライバシーを尊重する写真を使用してください。

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - Personal
 
  • 個人データが写っている写真、または人を特定および / または操作したり、人を辱めたり傷つけるために使用される可能性がある情報(例:個人資料、デビット / クレジットカード、請求書、ナンバープレート、予約番号など)を含む写真を使用してはいけません。
  • 監視装置を使用し、ゲストがプライバシーが確保されていることを期待している場所で撮影された写真を使用してはいけません。

実際にあった例:

画像
Photo guideline examples - Licence plates

ベストプラクティス

現在行っている調査からデータを用いて、より良い宿泊施設写真を撮影するためのガイドラインを作成しました。また、より多くのゲストを惹きつけ、予約率の向上に繋げるための最適な写真の掲載数などについても触れていますので是非ご参照ください。

どのような写真を掲載したらいいですか?

別荘やアパートメントなどのバケーションレンタルタイプの宿には、どのような写真を登録すれば良いですか?

家族連れのゲストを呼び込むには、どのような写真が必要ですか?

施設写真の管理について

このページを評価してください

ビジネス利用対応プログラム

ビジネス対応の施設・設備を更に追加して、追加費用なしで露出を強化しましょう。

詳細を見る