意図しない料金の不整合を見つけ、修正するには

更新 2 ヶ月 前

複数の販売チャネルでの掲載料金に差異が発生しているとき、それには意図している場合そうでない場合があります。

全ての販売チャネルにおいて同じ料金を適用することを戦略としている(例:転換率の向上を図ったり、ユーザーの検索の手間を省けるようにするため)にも関わらず、意図していない料金の差異が発生していることがあるため、弊社では料金パフォーマンス・ダッシュボードを開発し、貴施設が全チャネルにおける料金の差異を簡単に見つけられるようにいたしました。貴施設に代わってウェブサイトをチェックし、料金に差があった場合、スクリーンショットを表示いたします。

また、貴施設の料金がBooking.comのユーザーにどのくらい魅力的に見えるか確認できるよう、料金クオリティスコアも導入いたしました。

料金パフォーマンス・ダッシュボード料金クオリティスコアはどちらも無料でご利用いただけるサービスで、これにより貴施設はより多くの情報を得ることができ、また全チャネルでの料金の差を見つけるためにお役立ていただけます。

意図しない料金の不整合を見つけ、修正する方法

宿泊施設様から寄せられたご意見や旅行業界に関するブログの中から、販売チャネル間における意図していない料金の不整合の調査・修正方法を5つピックアップしました。

  1. 料金の不整合が生じる原因には、誤った料金設定やプロモーション、税金、追加料金や制限などが考えられます。ご利用の販売チャネルの管理画面、PMS(ホテル基幹システム)、一元管理システム上で意図しない料金の不整合を見つけた場合、必要に応じて修正してください。
  2. 比較サイト上では、各サイトに掲載されている異なる客室が比較されますので、在庫数の違いも料金の不整合の原因となります。そのため、空室数は全チャネルを通じて同じにしておく必要があります。
  3. 一元管理システムを利用している場合、客室やプランを誤って紐づけていたり、料金更新に遅れが発生することで料金の不整合が生じることがあります。この場合、問題解決のため一元管理システムに直接お問い合わせください。
  4. 管理画面の情報はすべて正確であるにも関わらず、掲載されている料金に差がある場合、当該の販売チャネルの担当アカウントマネージャーに事態を報告してください。
  5. 貴施設が提携していないチャネルがより安い料金を掲載しているのを見つけた場合、ソースページまたは利用規約を確認することで、このチャネル(ウェブサイト)に転売している販売元を調べることができます。提供先を特定するため、試しにダミーの予約を作成してみるのも良いでしょう。オンラインで貴施設の客室を転売しているチャネルを特定する別の方法としては、チェックイン時にゲストに予約確認書を提示してもらうようお願いし、記載されている販売元と貴施設の予約システムに表示されているプロバイダを比較することをおすすめします。特定できた場合、該当するプロバイダに連絡し、転売が契約違反でないか確認しましょう。

このページを評価してください

ビジネス利用対応プログラム

ビジネス対応の施設・設備を更に追加して、追加費用なしで露出を強化しましょう。

詳細を見る