ビジネス強化の夏シーズンに向けたガイドのご案内

弊社プラットフォームにおけるユーザーの検索・予約の傾向に関するデータに裏付けされた知見や、それぞれのユーザーのニーズに応えるうえで役立つソリューションをご紹介しています。これらの知見を活用して新たな需要を呼び込む方法を確認しましょう。

今すぐチェック

料金プランのポリシーを「フレキシブル - 1日」に変更する方法

更新 1 週間 前 | 読了目安:3.5分
保存

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、人々の旅の仕方が変わりつつあります。旅行者は、状況の変化によって旅の計画に影響が生じたとき、それに合わせて計画を変更できる選択肢を求めています。貴施設のキャンセルポリシーの柔軟性を高めることで、こういったニーズを持つ旅行者を惹きつけることができ、予約に結びつく可能性も高まります。そこで弊社では、料金プランのポリシーを簡単にアップデートし、需要が低く不確実性が高い時期でもより多くの予約を確保するためにご活用いただける、新しいツールを開発いたしました。

このツールを使うことで、既存の料金に設定されている複数のキャンセル無料のポリシーを「フレキシブル - 1日」にワンステップで変更することができます。これにより、ゲストはチェックイン日の1日前になるまでは無料でキャンセルすることができるようになります。到着日の1日前以降にキャンセルした場合は、1泊目の宿泊料金がゲストに請求されます。

例えば、到着日の7日前までキャンセル無料の料金プランをすでに提供されている場合、このツールを使ってポリシーを「フレキシブル - 1日」に変更し、キャンセル期間をチェックイン日の1日前になるまでに延長できます。これにより、より柔軟なポリシーを求めるユーザーの検索結果に貴施設が表示されるようになるため、より多くのゲストを取り込むことが可能となります。キャンセル無料ポリシーを提供されていない料金プラン(例:返金不可)についてはそのまま残され、長期的には幅広いユーザーを呼び込むのに役立ちます。

既存のプランを変更する方法

  1. 管理画面を開きます
  2. ナビゲーションバーの上部にある「料金・空室設定」をクリックします
  3. 「料金プランの最適化」をクリックします
  4. 「フレキシブル - 1日」に変更したい料金プランを選択し、「変更」をクリックします
  5. 30分以内に、料金プランが変更されます

コネクティビティ・プロバイダーまたは一元管理システムをご利用の場合は、そちらでも料金プランの変更が同期されます。

「フレキシブル - 1日」への変更が可能な料金プランはどれですか?

  • キャンセル無料のポリシーが設定されている既存の料金プランすべてが対象です。ツールを使って、このポリシーを「フレキシブル - 1日」に変更することができます。これにより、ゲストはチェックイン日の1日前になるまでは無料でキャンセルすることができるようになります。到着日の1日前以降にキャンセルした場合は、1泊目の宿泊料金がゲストに請求されます。
  • キャンセル無料のポリシーが設定されていない料金プランはそのまま残ります。これにより、長期的には様々なタイプのユーザーの需要に対応することができます。
  • 「フレキシブル - 1日」に変更したい料金プランは貴施設が選択することができ、この機能を使って加えられた変更は、手動で再度変更することが可能です。

弊社では、パートナー施設様がより多くのユーザーの目に触れられるよう、弊社のウェブサイトやアプリにて「フレキシブル - 1日」料金プランの露出を強化する方法についても模索しています。

 

この記事は役に立ちましたか?