請求書のお支払い履歴に関する問題を解決しました

先日、弊社にて管理画面における技術的な問題を確認いたしました。本問題により、貴施設の請求書およびお支払い履歴に関して最新の情報が表示されていない可能性がございました。現在、こちらの問題は解決され、貴施設の請求書および最近のお支払いのステータスは更新されておりますのでお知らせ申し上げます。

 

本件に関して弊社にご連絡いただく必要はございません。弊社内部の支払いシステムはどの時点においても影響を受けておらず、貴施設の請求書およびお支払いの記録については正確な情報が終始保持されておりましたのでご安心くださいませ。ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。

 

オンライン・セキュリティ:フィッシング詐欺について

更新 4 ヶ月 前

フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺とは、金銭、データ、または金銭の詐取に必要なデータを盗むために誰かに成りすまして行われる詐欺です。フィッシング詐欺は、組織的な情報漏洩を起こす最も一般的な手口です。

フィッシング詐欺の目的

- ゲストの予約情報

- 従業員およびゲストの個人情報

- クレジットカード情報

- スタッフを騙したり、システムを破壊したり、金銭を盗むこと

フィッシング詐欺のターゲット

価値のあるデータを持っている方はすべてターゲットとなりえます。Booking.comのパートナー施設様においては、管理画面に保管されている機密性の高い価値のあるデータにアクセスできることから、フィッシング詐欺のターゲットにされます。

フィッシングメールの典型的な特徴

  1. 緊急性を装ったメッセージ

フィッシングメールの多くには、「管理画面のアカウントが停止されました」や「【緊急】未納料金があります。ログインしてお支払いください」など、緊急性が高いかのように装ったメッセージが含まれています。これらのフィッシングメールについては、可能な限り本物と区別がつきづらいように詐欺師が常に手口を変えています。

  1. 誤字・脱字、文法などの間違い

フィッシングメールには、誤字・脱字や文法の間違いがよく見られます。誤字・脱字や文法の間違いが多数見られるメールや、本文中に複数の言語が混在しているような場合は、フィッシングメールである可能性が高いです。

また、典型的な例として、フィッシングメールの全文または一部が貴施設では使用しない言語で書かれていることもよくあります。誰からメールが送信されたかは、メールの差出人の欄から確認でき、一般的には<>などのカッコ内に記載されています。

注意:Booking.comのメールアドレスには、サブドメインと関係なく必ず最後に「booking.com」がついています。例えば、「support@booking-103266.com」などのアドレスからメールが届いた場合、それはBooking.comからのメールではなく、ほぼ間違いなく悪意のあるメールです。このようなメールは開いたり、中のリンクなどをクリックせずに、スパムとして報告してください。

フィッシング詐欺による貴施設への影響

フィッシングメールは、その多くが迷惑メールフォルダーに振り分けられているだけで、毎日のように届いている可能性があります。そして、一部は通常のメールボックスに届く可能性もあります。利用しているメールサービスによって異なりますが、このような疑わしいメールは、詐欺等として報告したり、迷惑メールフォルダーに自動的に振り分けられるようにもできます。

注意:最近では、当サイトからのメールを装い、パートナー施設様のユーザー名とパスワードを聞き出してアカウントを乗っ取ろうとする詐欺行為が発覚しています。このようなフィッシングメールは、Booking.comの管理画面ログインページとそっくりなウェブページへと誘導する場合がありますが、URLのアドレスバーをご覧いただくと違いが分かります。これらの詐欺行為から貴施設を守るためには、フィッシングメールと思われるメールが届いたらBooking.comまでただちにご報告ください。

フィッシング詐欺の被害に遭わないために

ブラウザにhttps://admin.booking.com/と直接打ち込んでください。アドレスバーに南京錠のマークが表示されているのを確認してから、そのページをブックマークし、管理画面にアクセスする際にはそのリンクを使用するようにしてください。

サイトの安全性の確認方法については、「アカウントの不正利用を防ぐために」の記事をご覧ください。

疑わしいメールが届いた場合、以下をご確認のうえご報告ください

  1. 差出人に表示されている名前は信用しないようにしましょう

差出人の欄でメールアドレスを確認しましょう。少しでも不審に思ったら開かないようにしてください。

注意:安全なBooking.comのメールアドレス例 noreply@booking.com noshow@booking.com @property.booking.com noreply-payments@booking.com customer.care@booking.com @guest.booking.com customer.service@booking.com invalid-cc@booking.com @mailer.booking.com email.campaign@sg.booking.com @partners.booking.com

  1. リンクを確認しましょう

メールに埋め込まれているリンクは本来のリンク先を簡単に偽ることができますが、幸い本当のリンク先を確認することはパソコンでもモバイル端末でも簡単にできます。パソコンの場合はリンクの上にカーソルを合わせ、モバイル端末の場合はリンクを指で押したままの状態にすると、本当のリンク先のアドレスが確認できます。

アドレスのドメイン名の最後に「.booking.com」がついていない場合は、クリックしないでください。不審なメールを受け取った場合は、必ずBooking.comのセキュリティ部門までご報告ください。報告していただくことで、弊社としてもセキュリティ対策を講じることができます。

  1. 不審なメールを報告しましょう

ゴミ箱に移す前に、こちらをクリックしてご報告ください。

フィッシング詐欺の被害に遭ったと思われる場合

アカウントを保護するために、以下の手順に沿って操作してください。

  1. まずメールアカウントのパスワードをリセットし、次にBooking.comアカウントのパスワードをリセットします。Booking.comアカウントのパスワードをリセットするには、http://admin.booking.comにアクセスし、ユーザー名を入力してから、「ログインできない場合」をクリックします。

  2. 悪意のあるソフトウェア対策のスキャナーの最新版を使って、お使いの端末をスキャンします。すべてのフィッシング詐欺がパスワードを盗むわけではなく、中にはマルウェア、スパイウェア、ランサムウェア、ウィルスなどの悪意のあるソフトウェアが「ファイル」に埋め込まれている場合もあります。怪しいリンクをクリックしたり、見覚えのないファイルをダウンロードしてしまった場合には、必ずスキャンを行うようにしてください。

  3. 弊社にご報告ください。貴施設のアカウントがフィッシング詐欺の被害に遭った可能性がある場合は、Booking.comに速やかにご連絡いただきますようお願いいたします。貴施設およびゲストを迅速にサポートできるよう、アカウントの不正利用やその疑いがあった場合には24時間以内に報告していただくことがBooking.comとの契約上で取り決められています。弊社のセキュリティ部門へは次のリンクよりご報告ください: セキュリティの問題を報告する

受け取った不審なメールの内容のコピー、アカウント上での身に覚えのない操作の内容など、関連する詳細情報はすべてご記入ください。 不審なメールを添付ファイルとして安全に転送する方法については、こちらのサイト(英語)をご覧ください。

このページを評価してください

Black Fridayセールが提供可能です

本セールを設定し、今年の終わりから2021年の1年間にかけて予約数アップを狙いましょう。

詳細を見る