データに基づいて作成された弊社のガイドを活用し、シーズン終盤の需要を取り込みましょう。

アカウントの不正利用を防ぐために

更新: 2 週間 前 | 読了目安:4分
保存
宿泊者様向けの情報をお探しの場合
カスタマーサービスにお問い合わせください

ご自身のアカウントが権限のない人によってアクセスされたことが疑われる場合、もしくは身に覚えのない「新規ログイン」メールを受信した場合や、アカウントに心当たりのない変更がされている場合、アカウントのセキュリティが侵害されている可能性があります。 


本記事の内容


不正利用の兆候に気づく

Booking.comの管理画面アカウントには、ゲストの個人情報や支払い情報など、詐欺師が狙う重要情報が含まれます。権限のない第三者にログイン情報が知られ、あなたのアカウントが不正にアクセスされた場合、以下のような兆候が見られる場合があります。

  • ゲストが、貴施設以外から支払いを要求するメッセージや電話を受ける
  • 宿泊施設情報がいつの間にか変更されている(連絡先、料金、空室状況、内容など)
  • アカウントに未承認の場所からの新規ログインがあった旨を知らせるメールをBooking.comから受け取る

不正利用からアカウントを保護する

Booking.comアカウントの不正利用を防ぐ対策をいくつかご紹介します。

  • パスワードを再利用しないでください。複数のサービスで同じパスワードを利用すると、不正利用者があなたのアカウントにアクセスできる可能性が高くなります。たとえば、他社のウェブサイトとBooking.comで同じパスワードを利用すると、その他社サイトでデータが漏えいした場合、不正利用者はこのログイン情報を使ってあなたのBooking.comアカウントにアクセスしようとします。
  • 大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた10文字以上のパスワードを設定し、パスワードの強度を高めましょう。パスワードには、名前やメールアドレス、生年月日など、推測しやすい個人情報などを含めないようにします。
  • ログインは必ずこのページをお使いください。SSL証明書の詳細を確認することで、信頼できるウェブサイト上でログイン情報を入力していることを確認できます。以下の手順に沿って確認してください。

Chromeの場合: 

  1. ブラウザのアドレスバーにある鍵マークをクリックします
  2. この接続は保護されています」をクリックし、「証明書は有効です」をクリックします

Safariの場合: 

  1. ブラウザのアドレスバーにある鍵マークをクリックします 
  2. 証明書を表示」をクリックします

Firefoxの場合: 

  1. ブラウザのアドレスバーにある鍵マークをクリックします 
  2. 安全な接続」をクリックし、「詳細を表示」をクリックします

SSL証明書には通常以下の情報が含まれています。

  • 発行者名:DigiCert Inc
  • 主体者名:Booking.com BV
  • 情報:この証明書は有効です

不正アクセスがあった場合にアカウントを保護する

以下の手順に沿ってアカウントを保護してください。

  1. メールアカウントのパスワードをリセットします。Booking.comアカウントのパスワードをリセットします。
  2. このパスワードをリセットするには、管理画面のログインページで「ログインできない場合」をクリックしてから、「パスワードを忘れた場合」をクリックします。ユーザー名を入力し、「リセット用のリンクを送信」をクリックします。
  3. アカウントにログインしたら、アカウント内の情報をすべて確認し、個人情報や設定言語、予約履歴などが変更されていないかを確認しましょう。
  4. 貴施設アカウントへの不正アクセスが発生した可能性がある旨を、弊社まで速やかにお知らせください。弊社がパートナー施設様とゲストを迅速にサポートできるよう、アカウントの不正利用やその疑いがあった場合には24時間以内に報告していただくことがBooking.comとの契約上で取り決められています。不正利用を報告する際は、弊社のセキュリティ担当にご連絡ください。

アカウントに新たに追加されたと疑われる情報やクレジットカードへの不審な請求など、関連情報も併せてお知らせください。

この記事は役に立ちましたか?