DAC7:よくある質問

更新: 1 週間 前 | 読了目安:5分
保存

EUの行政協力に関する指令(DAC7)は、2023年1月1日に発効した年次報告義務です。この法律は、販売者(弊社のパートナー施設様もここに含まれます)がデジタルプラットフォームを通じて得た収益の透明性を向上させることを目的としたものです。この法律により、結果的にはEU内にある現地税務当局による税金の徴収が簡素化されることとなります。

本記事では、DAC7に関するよくある質問をいくつかご紹介します。DAC7に関する詳細については、こちらの記事をご覧ください。

 

貴施設がオーストラリアにある場合(EUには宿泊施設がない場合)は、アカウント認証フォーム(Know Your Partner)に入力する前にこちらの記事をご確認ください。


目次

対象者

  • EUに拠点を置く宿泊施設を弊社プラットフォームに新たに掲載するすべてのパートナー施設様は、登録完了後90日以内にアカウント認証フォーム(Know Your Partner)にご入力いただく必要があります。このフォームでは、貴施設とそのビジネスに関する税務関連の情報の提供が求められます。複数の宿泊施設を掲載している場合でも、90日の期限は貴施設の最初の宿泊施設を登録した日を基準に計算されます。 

    貴施設のステータスが「公開中/予約可能」に設定されていない場合でも、アカウント認証フォームにご入力いただく必要がありますのでご注意ください。

  • 2023年1月1日よりも前に弊社プラットフォームに宿泊施設を掲載した既存の全パートナー施設様は、2024暦年中にアカウント認証フォームにご入力いただく必要があります。フォームにご入力いただく必要があるパートナー施設様には、メール、管理画面のメールボックス、お電話のいずれかで弊社からご連絡いたします。

    既存のパートナー施設様が2023年1月1日以降に新しい宿泊施設を掲載した場合、この新しい宿泊施設は直ちにDAC7の対象となります。これに伴い、当該施設についてアカウント認証フォームにご入力いただく必要が生じます。

  • 弊社の一般取引条件に署名された方は、宿泊施設の所有者であるかどうかにかかわらず、アカウント認証フォームに入力する責任があります。登録時に弊社の一般取引条件に同意し、Booking.comに掲載されている宿泊施設を管理している場合、当該施設を所有していない場合でも、ご自身と当該施設に関する追加情報をご提供いただく必要があります。 

    弊社はDAC7に従い、契約を結んだ個人または法人に関するデータを収集しているため、Booking.comに掲載されている宿泊施設の所有者でなくても問題はありません。署名済みの契約書に記載されている名前(弊社が情報を収集する方の名前)を変更したい場合は、弊社と再契約手続きを行う必要があります。

データの提供

  • コンプライアンス・センターにあるアカウント認証フォームに必要な情報を入力する必要があります。コンプライアンス・センターにアクセスできるのはプライマリアカウントのみです。

  • Booking.comと契約を結んでいる当事者に関するデータをアカウント認証フォームから提供するのは1回のみです。ただし、管理画面で宿泊施設ごとに土地登記の番号(土地台帳)を登録する必要があります。

  • 主要住居の住所や事業登録住所がEU内にある場合は、DAC7の対象となります。これは、EU外のみに宿泊施設を所有している場合にも当てはまります。

  • 現地の税務当局からBooking.comに、パートナー施設様が提供したデータおよびその後のレポートに記載されているデータが間違っていると指摘の連絡が入ることがあります。その場合、(政府のデータベースのデータと同じ正しいデータを提供することにより)そのデータを変更するか、パートナー施設様が提供したデータが正しいことを証明する資料を提出するよう求められる可能性があります。この場合、Booking.comはパートナー施設様に連絡し、アカウント認証フォームを再送信してデータを変更するか、データが正しいことを証明する資料を提出するよう依頼する必要があります。パートナー施設様が期限内にこれを行っていただけない場合、正しいデータかデータが正しいことを証明する資料が提出されるまで、弊社プラットフォームでのパートナー施設様の活動を一時的に停止させていただく可能性があります。または、現地税務当局がパートナー施設様に連絡し、収益と支払った税金に関してBooking.comに提供したデータについての説明を求めることもあります。パートナー施設様は必要に応じ、ビジネスモデル、請求、支払いフローについて説明できるようにしておく必要があります。税金の不足がある場合は、現地税務当局が処分を決定します。

報告プロセス

  • DAC7は年次の報告義務です。DAC7のデータは、報告対象年の翌年1月31日までにオランダ税務当局(DTA)に報告されます。一例を挙げると、弊社は2023歴年については2024年1月31日までにデータを報告しました。また、報告対象年が2024年の場合は2025年1月31日までにデータを報告します。

  • DAC7データレポートをDTAに提出する前に、Booking.comはレポートが完成したことを通知するメールをお送りします。レポートを確認する場合は、管理画面のコンプライアンス・センターからレポートの一部をダウンロードできます。ご注意:このレポートはプライマリアカウントからのみアクセスでき、現時点では英語でのみご提供しています。

    レポートを確認した後、個人データまたはビジネスに関するデータを変更する必要がある場合は、コンプライアンス・センターでアカウント認証フォームを再送信することで変更できます。変更内容は次の申告サイクルにのみ反映されますので、予めご注意ください。

  • パートナー施設様が複数のデジタルプラットフォームでビジネスを行っている場合、現地税務当局は、これらのプラットフォームにあるデータとパートナー施設様が税務当局に提出したデータを比較します。不明な点がある場合は、現地税務当局がパートナー施設様に直接連絡します。 

  • DAC7では、Booking.comが請求するコミッションや、貴施設がゲストに請求する現地税などについての税金の処理方法に変更を求めていません。それと同時に弊社は、現地の税務当局がプラットフォームから提供されたデータを使用して、貴施設の税務の正確性と完全性を評価することを想定しています。また、Booking.comや他のプラットフォームから受け取ったデータに基づき、現地の税務当局が貴施設の納税申告書の一部を事前に入力する場合もあるでしょう。

データの共有

  • パートナー施設様が提供した納税者番号(TIN)に基づき、納税居住者としてパートナー施設様が所属する国(「TIN発行国」)の税務当局にレポートが送信されます。このレポートは、宿泊施設が所在する国にも提出されます。たとえば、パートナー施設様がオランダの納税居住者であり、オランダのTIN(RSIN)を提示しているものの、フランスで家をレンタルしている場合、レポートはオランダとフランスの両方の税務当局に提出されます。

  • 弊社は、Booking.com経由で取引を行ったパートナー施設様に関するすべてのデータを共有する必要があります。報告対象年に取引を行っていて、宿泊施設の予約受付を停止することにした場合、パートナー施設様が以下の免除条件のいずれかに該当する場合を除き、DAC7を遵守するためにパートナー施設様のデータは引き続きDTAと共有されます。

    • 報告対象年に、宿泊施設1軒につき一意の予約番号が紐づけられた予約が2,000件を上回る場合。
    • 公開会社であるか、公開会社によって過半数(50%超)が所有されている場合。
    • 政府機関の場合。
  • 登録時に弊社の一般取引条件に同意し、Booking.comに掲載されている宿泊施設を管理している場合、当該施設を所有していない場合でも、ご自身と当該施設に関する追加情報をご提供いただく必要があります。弊社はDAC7に従い、契約を結んだ個人または法人に関するデータを収集しているため、Booking.comに掲載されている宿泊施設の所有者でなくても問題はありません。

  • Booking.comから、アカウント認証フォーム(Know Your Partner)へのリンクが記載されたメールが届きます。管理画面にも、バナーとフォームへのリンクが表示されます。このフォームには、対象のパートナー施設様がDAC7に必要な情報を提出するための項目が追加されています。

  • アカウント認証フォーム(Know Your Partner)の提出後、メールまたは管理画面のバナーからリンク先にアクセスすることはできません。入力したデータを変更する必要がある場合は、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービスがフォームを再度開くと、ご自身で必要な編集を行えるようになります。

この記事は役に立ちましたか?