効率的なキャンセル対策

キャンセルを完全に防ぐことはできませんが、特定のシナリオへの対策を行うことでビジネスへの影響を最小限に抑え、最終的にはより多くの収益の確保を狙うことは可能です。

弊社はパートナー施設の皆様のご意見に耳を傾け、業務量やコスト、空室を抱えるリスクの軽減に役立つソリューションをまとめました。

キャンセルのシナリオをチェック

画像
scenario 1 trial

 

シナリオ1:同じエリアの類似施設よりもキャンセル率が高い場合 

このシナリオをチェック

画像
cancellation advice scenario 1

 

シナリオ 2:直前のキャンセルやノーショー(無断不泊)で収益を失っている場合

このシナリオをチェック

 


 

シナリオ 1:同じエリアの類似施設よりもキャンセル率が高い場合

 

管理画面の「キャンセルの傾向」レポートで、平均よりもキャンセル率が高いことが分かった場合、以下のアドバイスに沿って状況を改善しましょう。

貴施設のキャンセル率を確認する

 

 

 

 

画像
JA

注意:「キャンセルの傾向」レポートはキャンセルされた予約の割合が表示される一方、「販促アドバイス」は 過去30日間にキャンセルされた予約の料金と、同期間に成立した予約の料金との比率を示しています。そのため、両者の間に数値の差が生じる場合があります

弊社のアドバイス ソリューション
• 様々な料金プランやポリシー(割引料金や返金不可、キャンセル可能など)を提供し、多様なゲスト層にアピールしましょう。 料金プラン

• 返金不可プランに対しては、即座にクレジットカードを認証したり、少額の事前承認を行ったり、事前の前払いを求めたりしましょう。

 

• すべての料金プランやポリシーにまつわるリスクを管理、最小化しましょう。

キャンセルや前払いに関するポリシー

 

• オンライン決済を含む、複数の決済方法を提供し、収益を確保できる可能性を高めましょう。 オンライン決済サービス

 

• メッセージの定型文とPulseアプリを用いてゲストに素早く返信し、ゲストの不安を解消することでキャンセルのリスクを軽減しましょう。

メッセージ機能

 

Pulse

• 管理画面の「キャンセルの傾向」レポートを定期的にチェックし、状況を確認しましょう。 「キャンセルの傾向」レポート

 


 

シナリオ 2:直前のキャンセルやノーショー(無断不泊)で収益を失っている場合

失った収益を取り戻す時間や方法のない直前のキャンセルやノーショーは、特に厄介な問題と言えます。これらの課題による影響を軽減するのに役立つアドバイスは以下の通りです。*

 

*以下のアドバイスは、返金不可プランを提供できる宿泊施設様 / 市場にある宿泊施設様を対象としたものです。

弊社のアドバイス ソリューション
• 前払いやデポジットについてのポリシーを設定して事前の収益確保を図ったり、1泊目の料金の事前承認を行ってノーショーの削減を狙いましょう。 キャンセルや前払いに関するポリシー

• 「キャンセルの傾向」レポートでゲストのリードタイムを確認し、キャンセル率が最も高いリードタイムを対象に、魅力的な料金プランと条件がより厳しいポリシーを設定しましょう。

 

• 現金での決済のみを受け付けている場合、返金不可プランとデポジットのポリシーを追加し、予約をキャンセルする可能性のあるゲストからの予約数を抑えましょう。
料金プラン

キャンセル済みの客室の再販売を弊社に依頼して、キャンセルによる収益への影響を軽減しましょう。

 

• マーケティングを強化し、キャンセル済みの予約の再割り当て先となるゲストを貴施設に代わって最大24時間探す、弊社の「再割り当て探し」を利用しましょう(キャンセル可能なポリシーを提供していただく必要があります)。

 

• キャンセル済みの客室の再販売を弊社が行い、再販売ができなかった場合でも収益を保証する「リスクゼロ予約」に登録しましょう(前払いのポリシーを提供していただき、登録資格を満たしていただく必要があります)。

 

 

再割り当て先探し

 

リスクゼロ予約

 

 

キャンセル件数とキャンセルによる影響を軽減する方法についてより詳しく知りたい場合

キャンセル対策のまとめをチェック

 

他のパートナー施設様からキャンセルについてのアドバイスを得たい場合(対応言語:英語とイタリア語のみ)

パートナー・コミュニティーにアクセス