空室状況

カレンダー上で十分な在庫を追加し、世界各地から貴施設を閲覧する、早期 / 直前予約を含むあらゆるタイプの予約者の需要に訴求しましょう。弊社では、施設様が戦略的に予約の受付日 / 売止日を決定できるよう、豊富なデータと実行可能なアドバイスを提供しています。

77 記事

保存
空室状況は様々な要因によって影響を受けることがあるため、弊社が提供しているプロダクトにおいては柔軟性が重要となっています。こちらの空室状況の管理をサポートする弊社のソリューションの1つに、スヌーズ機能があります。本機能を使用すると、弊社プラットフォーム上での予約受付を必要な期間にわたって一時停止(スヌーズ)することができます。 本記事の内容 目次...
保存
弊社では、柔軟性がいかに重要であるかを理解しています。タイミングを管理できないと、予約の受付が不便になることもあるかと存じます。そこで、柔軟性を高めて希望しない予約を回避するために、「予約受付終了」と「予約受付開始」の制限を設定していただくことができます。 予約受付終了の制限設定では...
保存
特定の客室 / ユニットにおいて、予約を受け付けたくない日付もあることと存じます。その場合、管理画面またはPulseアプリでカレンダー上の日付に売止を設定することで、当該日には予約が入らないようにすることができます。 こちらの手順は、ご利用のカレンダーのタイプにより異なります。貴施設がどちらをご利用中かわからない場合は、以下の画像を参考に...
保存
先々まで料金・空室状況を設定することで、検索結果上での露出を強化し、早期予約を促進しましょう。より多くの客室 / ユニットを予約可能な状態にすれば、より多くのユーザーにアピールすることが可能となります。料金と空室状況は、管理画面のリスト表示または月間表示のカレンダーから更新できます。予約可能にした日付については、ユーザーが客室 / ユニットを閲覧...
保存
予約制限を設定すると、貴施設のニーズにより合った施設運営を行えるようになります。貴施設が設定した制限の条件とゲストの検索条件が合致した場合にのみ、ゲストは貴施設を予約することができます。 条件は複数設定が可能ですが、設定できる条件は、ご利用中のカレンダーにより異なります。ご希望の制限が貴施設で設定できない場合は...
保存
宿泊日数と予約受付終了 / 開始日に関する制限を設定することで、受け付ける予約についてより細かく管理することができます。これらを用いることで、貴施設が希望するよりも滞在期間の短い、または長い予約の受付を防いだり、一定よりも短い、または長いリードタイムでは予約できないようにしたりすることが可能です。 以下の手順に沿って操作することで...
保存
一部の一元管理システムでは、弊社プラットフォームに紐づいている宿泊施設管理システム(PMS)で直接変更を加えることができます。弊社ではこれをレポーティングAPIのオプションと呼んでいます。 目次 APIとは何か レポーティングAPIのオプションの効果 APIとは何か API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)とは...
保存
チェックイン・チェックアウト時間を設定または変更する場合は、以下の手順に沿ってください: 管理画面の「宿泊施設」タブをクリックし、「ポリシー」を選択します。 「宿泊者情報」の項目から「編集」をクリックします。 チェックインの受付時間を選択します。チェックアウトも同様です。 「保存」をクリックして設定を完了します。
保存
効果的な料金戦略を立て、稼働率を最大化させるため、弊社では複数の料金設定プロダクトを提供しています。プロダクトは以下の通りです。 基礎 – 貴施設の料金プランと料金プランのカスタム設定 先を見越したプロダクト – Geniusプログラムやプリファード・プログラム、特定のユーザーを対象とした料金やキャンペーンセールなど 反射的なプロダクト –...