room service

「高級志向」の予約者が滞在に求めるものとは

 | 保存
プレミアム志向の予約者の市場は、おおむね「クオリティ志向」と「高級志向」の2つのグループに分かれています。この記事では、旅先での体験を重視し、高い収益性が見込める「高級志向」の予約者にアピールする方法についてご説明します。

データ分析会社「Kantar」の調査によると、価格よりもクオリティを重視するプレミアム志向の予約者は、ホテルやバケーションレンタルを予約する旅行者のうち約20%を占めています。特にアメリカでは、その割合は約34%にものぼります。

この収益性の高い市場をご活用いただけるよう、弊社はアメリカ、イギリス、フランス、ドイツでバケーションレンタルやホテルを予約した2,795名のプレミアム志向の予約者を対象に、滞在先を選択する際の最も重要な要素について調査しました。 

この予約者層は、おおむね「クオリティ志向」と「高級志向」の2つのグループに分かれることが明らかになりました。プレミアム志向のゲストの取り込みについてご説明する本シリーズの第2部では、「高級志向」の予約者のニーズを掘り下げます。

「高級志向」の予約者とは

本調査における「高級志向」の予約者の定義は、クオリティが最上級の宿泊施設を選ぶ傾向にあり、価格はそれほど考慮しないと答えた回答者です。

これらの人々は旅行で得られる体験に特に焦点を当てており、ルームサービスやコンシェルジュサービス、良質なレストラン、プライバシーが確保された混雑していない宿泊施設などを求めています。

本調査ではホテルとバケーションレンタルの2つの異なる宿泊施設タイプに焦点を当て、当該ユーザー層がこれらの選択肢をどのように評価し、最終的に自身に合ったものを選択するかを調べました。

クオリティ

調査対象となった「高級志向」の予約者のうち、家族連れ、グループ旅行者、カップル、一人旅のすべての旅行者タイプに対してクオリティの評判を上げるポイントは、次の3つの要素にまとめることができました。

  • ホテルランクを重視しましょう — 「高級志向」の予約者がクオリティを評価するうえで最も重要な要素は、ホテルランクであることがわかりました。ホテルランクをもとに選べば、求めている体験が期待できるという安心感を得られるためです。 
  • クチコミも無視できない要素 - 「高級志向」の予約者の大半は、良いクチコミもクオリティを評価するうえで主要な指標であると見なしています。ホテルランクほど重視はされていませんが、クチコミの投稿を促す戦略は収益に結びつく可能性が高いでしょう。
  • レストラン / シェフの質をアピールしましょう — 「高級志向」の予約者は、他の予約者層に比べて一流レストランやシェフに価値を置いています。 

ロケーション

調査によると、「高級志向」の予約者の間では、ロケーションの面で求めるものがかなり一貫しています。 

  • 中心部であることを伝えましょう - 「高級志向」の予約者にとっては、ビーチや市内中心部の近くに泊まれることは嬉しいポイントとなっています。また、ホテルを予約した「高級志向」の予約者の47%にとっては周辺で楽しめるアクティビティが重要事項であるため、どのようなロケーションであっても、この情報を記載することで目を引くことができるでしょう。
  • 近くの飲食店について宣伝しましょう - 「高級志向」の予約者は、「クオリティ志向」の予約者に比べると近くに良質なレストランがあることを重視しており、バーにもより興味を示しています。これは、旅先での体験を大切にするというこの旅行者層の特色と結びついています。
Food

 

備品・アメニティや施設・設備

アメニティや施設・設備に関しては、必ずしも多いほど良いとは限りません。突き詰めると、「高級志向」の予約者はユニークな体験やちょっとした贅沢を好むので、そのような面に焦点を当てることでこの旅行者層を惹きつけることができます。

  • 貴施設で体験できることを宣伝しましょう - スパやジム、プール、バスタブなどの施設はすべて贅沢したいという気持ちに訴えかけられるため、良いアピールポイントとなります。
  • リノベーションについて言及しましょう - 「クオリティ志向」の予約者も「高級志向」の予約者も、客室の条件に関して重視するポイントは景色や騒音レベル、モダンな内装など共通する要素が多いことがわかっています。一方で、バケーションレンタルを予約した「高級志向」の予約者は、新しい客室や最近リノベーションされた客室に魅力を感じる可能性が最も高いことも明らかになりました。したがって、最近改装を行った場合は積極的に伝えることをお勧めします。 

安全性とプライバシー

安全性は常に重要な検討事項となりますが、「高級志向」の予約者は、「特別感」を感じつつも安心感を得たいと考えています。

  • セキュリティ機能を強調しましょう — 「高級志向」の予約者にとってセキュリティは重要で、そのうちバケーションレンタルの予約者では65%、ホテルの予約者では66%が24時間の監視体制を重要な要素として挙げています。 
  • プライバシーをアピールしましょう — 「高級志向」の予約者の77%は混雑していない宿泊施設を見つけることが非常に重要だと答えており、80%は新型コロナウイルスの拡大によってこれがさらに大事な要素になったとしています。 
  • 写真を使って「特別感」を強調しましょう - 独立した入り口や一戸建ての建物などに焦点を当てることで、プライバシーを好む傾向にある「高級志向」の予約者に訴求できます。 

サービス

優れたサービスの形は一つではありませんが、ゲストの体験を向上させるためにひと手間かけることで大きな差を生み出せる可能性があります。

  • 料理の質を宣伝しましょう — 調査対象のうち、ホテルを予約した「高級志向」の予約者の50%は質の高い料理がサービスにおいて最も大切な要素であると答え、バケーションレンタルを予約した「高級志向」の予約者についてもその割合は42%となりました。 
  • パーソナライズされたサービスを提供しましょう「高級志向」の予約者はルームサービスやコンシェルジュサービスなど、滞在中のサービスを期待しており、これはバケーションレンタルとホテルの予約者に共通して言えることです。 
  • ゲストが求める接客を心がけましょう - ホテルを予約した「高級志向」の予約者の35%は、「良い接客」がサービスの最も肝心な要素のひとつであると回答しています。対面での対応についてはゲストのニーズに応えるようにし、一人ひとりに合わせたコミュニケーションを取りましょう。

貴施設の特長を最大限にアピールしましょう

「高級志向」の予約者はニーズがはっきりしており、そのためにはお金を払うことを厭わないため、アプローチしがいのある旅行者層であると言えます。一方で、求めているものが明確である分、それが期待できるとすぐにわからない宿泊施設は早々と選択肢から外してしまう可能性があります。

この旅行者層が最も優先する施設・設備をすべて掲載したり、貴施設の静かさや特別感が伝わる写真を表示するなど、貴施設の魅力が伝わるよう見せ方を工夫することで大きな差を生み出せるでしょう。

また、アピールポイントは貴施設自体で提供しているものに限りません。もし貴施設の周辺に「高級志向」の予約者に訴求できるようなアクティビティやエンターテイメント、飲食店やバーがあるなら、それらへの距離を強調するだけでも大きなメリットとなります。

 

Guest
より詳しい情報をチェックしましょう

他のプレミアム志向の予約者層についても知りたいですか?「クオリティ志向」の予約者に関する記事をぜひご覧ください。

詳しく見る

このページを評価してください

Topics
まとめ
  • 「Kantar」の調査によると、プレミアム志向の予約者は、世界の市場の約20%と大きな割合を占めています
  • 「高級志向」の予約者は体験を重視し、最高かつ最もユニークな体験を求めており、そのためならお金を払うことを厭いません
  • さらにプライバシーも重視しており、97%が「混雑していない」宿泊施設を見つけることが重要だと答えています
  • 貴施設が提供できるものに加え、貴施設周辺で楽しめることもしっかりアピールしましょう