データに基づいて作成された弊社のガイドを活用し、シーズン終盤の需要を取り込みましょう。

travellers

今夏のトレンドとなる旅行者層

 | 保存
北半球では2022年の夏はもう目前まで迫っており、旅行が活発に行われる季節となることが見込まれます。

大切な人との再会や一生に一度の大冒険など、多くの旅行者たちは再び旅をすることに対して意欲的で、この夏に向けて積極的に旅行の計画を立てています。 

弊社では、パートナー施設の皆様にこの重要な時期を最大限にご活用いただけるよう、弊社プラットフォーム上の需要において高い割合を占めている、急成長中の4つの優良な旅行者層を特定いたしました。これらの旅行者たちのニーズや要望を理解し、それらに応えることで、貴施設の集客力アップを狙うことができます。 

Booking.comでグループプロダクト・マーケティングマネージャーを務めるMatina Keramidaは以下のように述べています:「料金設定、コンテンツ、空室状況などの基礎を固めたら、貴施設のビジネスゴールに基づき、どの旅行者層をターゲットとするか判断していただけます。弊社の提供する幅広いソリューションは、弊社プラットフォーム上で検索を行っている多様な旅行者層のニーズに合わせ、貴施設のリスティングをカスタマイズするためにお役立ていただけます。」 

1. 家族連れの旅行者

親子で楽しむ休暇から親戚一同での集まりまで、当サイトでの夏の滞在の全検索のうち31%は、家族連れによるものであることが確認されています。また最近の調査結果では、今年は54%の旅行者が、子供も大人も楽しめる目的地へと訪れることを計画していることが分かっています。家族連れは滞在期間が比較的長く、滞在中の消費額もより高額であることから、これはパートナー施設の皆様にとっては朗報と言えるでしょう。 

Keramidaは以下のように述べています:「家族連れを呼び込むには、まずポリシーが適切に設定されていることが大切です。管理画面上で、子供の受け入れを可能として設定しましょう。また、定員の設定もカギとなります。予約可能な客室の最大宿泊人数を設定しておくと、検索結果上で家族連れに適したプランとともに貴施設が表示されるようになります。」 

子供がいる家族連れには特徴的なニーズがしばしばあり、滞在先を選ぶ際には安心感を求めて、詳細な情報を必要とする傾向があります。特に設備情報は重要となります。子供向けのアクティビティや子供の安全に関わるものをはじめ、収納、調理スペース、ランドリー設備などのその他実用的なものなど、関連性の高い備品・アメニティ類はハッキリとアピールしましょう。その他に安全性、清潔さ、ロケーション、駐車場なども、この層には重要な情報となります。このような情報を明示することは、貴施設のアピール力強化に役立ちます。

2. グループ&一人旅の旅行者

世界中の旅行者の53%は今年はカップルでの旅行を計画していますが、22%は友達とのグループ旅行、17%は一人旅を予定しています。異なる人数のグループ向けに料金設定を調整しておくと、夏以降の期間にこれらの各旅行者層を貴施設に取り込みやすくなります。 

グループでの旅行者にとっては、人数に合った料金に加え、写真もその決定プロセスにおいて非常に重要な役割を果たします。グループの旅行者は、画像を見て客室のサイズ、清潔さ、レイアウトなどを確認して客室の品質を判断します。また、客室のプライバシー対策や宿泊施設のロケーションも、宿選びの際の重要なポイントと考えられています。このような要素を写した高品質な写真は当該の旅行者層へのアプローチに役立ち、また旅行者にとっては、貴施設が自身のグループの人数にも対応可能であるという安心感にも繋がります。 

一人旅の旅行者については通常、短期間の出張旅行を複数回される方がこの層の一定の割合を占めています。Keramidaは以下のように述べています:「単身の出張旅行者は平日にホテルに滞在する傾向が強く、旅行中において利便性の高さも重視しています。そのため、WiFi、ワークステーション、コーヒーメーカーなどのサービスや備品・アメニティ類を探されています。」 

Solo traveller

 

3. 長期滞在の旅行者

2021年に弊社プラットフォームで予約された全泊数のうち、25%は7泊以上の滞在で予約されたものでした。今年においては、この夏の期間に向けた検索のうち、3~7日間の滞在の検索が54%を占めていることを弊社では確認しています。 

パンデミックの期間中に勢いを増した長期滞在のトレンドは、今後も続くことが見込まれます。夏以降において、世界中の旅行者の25%は今年のオフピークシーズンには5泊以上の長期国内旅行を計画しており、21%については同期間において5泊以上の長期海外旅行を計画していることが弊社の調査で分かっています。 

Keramidaは以下のように述べています:「パートナー施設様にとって、長期滞在の需要増加は、リモートワーカー、家族連れ、延泊することでレジャーも楽しむ出張旅行者など、新たな層にアピールできるチャンスとなります。魅力的な1週間 / 1ヶ月の連泊プランを設定することで、長期的な稼働率および収益の確保を図りつつ、このようなユーザー層の集客を狙うことができます。」 

4. 海外旅行者

世界的に国境閉鎖の解除が進むなか、ユーザーは海外旅行について意欲的になってきており、特に夏の旅行の計画はその傾向が強いようです。事実、夏の滞在に向けたこれまでの検索の61%は海外旅行の検索で、2021年と比べて18%上昇しています。

Keramidaは以下のように述べています:「当然ながら、パンデミックの初期には海外旅行の需要は急下降しましたが、世界各地で大幅に各種制限の解除が進む現在は、国外への旅行の需要の回復が堅調なものとなりつつあります。パートナー施設様におかれましても、海外からのゲストの回復を確認できるようになる可能性が高まっています。パートナー施設様は、特定の地域で利用されている決済方法での支払いを可能にするBooking.comペイメントや、国・地域別の料金など、ターゲットを絞って訴求できる方法を使ってこのようなユーザーを取り込むことができます。」 

今、海外旅行者たちが求めていることは何なのでしょうか?世界中の旅行者たちからはビーチや自然が楽しめる旅先が依然として人気を集めているものの、最近の調査によると、全体の30%が都市部を訪れることを計画していることがわかっており、今年は都会的な目的地への需要回復が見込まれています。

Keramidaは以下のように述べています:「需要パターンは、世界的および局所的な状況や、市場の動向により変化する可能性があると留意しておくことが重要です。このような変化をパートナー施設様が乗り切れるよう、弊社ではパンデミックの初期に管理画面上に需要に関するダッシュボードを設けました。本ダッシュボードでは、過去14日間のユーザーの検索データに基づいたタイムリーな知見を提供しており、パートナー施設様のエリアにおける旅行者の動向を把握するために活用していただけます。本取り組みについてはパートナー施設様より嬉しいお声を頂戴しており、この取り組みを続け、弊社のご提供する知見を今後さらに改善していくことへのモチベーションとなっております。」

 

Summer at last Hero image
より詳細な知見をチェック

重要な旅行者層に対して貴施設の客室をより魅力的に見せるためのソリューションの詳細や、夏に向けたデータに基づくさらなる知見をチェックしましょう。 

ソリューションを見る 2022年夏季について

このページを評価してください

Topics
まとめ
  • 弊社のデータによると、今夏にトレンドとなっている優良な旅行者層は、家族連れ、グループ&一人旅、長期滞在、海外旅行者の4つのタイプに分かれています。
  • 高い需要が望めるこれらの旅行者層のニーズに合わせてリスティングをカスタマイズすることは、アピール力の強化、ひいては予約数アップに役立ちます。
  • 貴施設エリア特有の旅行者の動向を把握していただけるよう、管理画面上にある需要に関するダッシュボードでは、過去14日間のユーザーの検索データに基づくタイムリーな知見を提供しています。
  • 弊社の2022年の夏に向けたガイドで、これからやってくるシーズンに備え、データに基づくさらなる知見をチェックしましょう。