Proud flag

LGBTQ+旅行者はインクルーシブなブランドを選ぶことが明らかに

 | 保存
弊社の調査によると、LGBTQ+の旅行者は、LGBTQ+コミュニティをサポートする企業で予約する可能性が高いことが分かりました

弊社の最近の調査によると、LGBTQ+の旅行者の56%が、LGBTQ+コミュニティの歴史的な側面について学べる目的地を選ぶだろうと回答しています。このことから、LGBTQ+の旅行者にとって、目的地を選ぶ際にはリサーチが判断を左右する重要な要素であることが分かります。 

またLGBTQ+の旅行者は、より強い繋がりを感じたり、旅行体験をより豊かなものにすること以外にも、多様性を支援・称賛するブランドにも注目しています。ほかにも、本調査により以下のようなことも明らかになりました。

Travel Proud infographic

 

Couple
すべての人にとってよりインクルーシブな旅行体験を届けるために

貴施設のスタッフがLGBTQ+の旅行者について理解を深め、良質なおもてなしを提供できるよう、弊社が提供する「Proud Hospitality」のトレーニングを修了しましょう。

トレーニングに申し込む

このページを評価してください

まとめ
  • 弊社では25ヶ国の5,514名のLGBTQ+の回答者を対象に、過去の経験や現在の実情、よりインクルーシブな旅行の未来へ向けた希望などについて調査しました。
  • 本調査において、LGBTQ+の旅行者の64%がLGBTQ+コミュニティをサポートするブランドで予約を行う可能性が高いと回答していることから、多くのLGBTQ+旅行者の意思決定において、旅先にある同コミュニティの存在は中心的な役割を担っていることが明らかになりました。
  • LGBTQ+の旅行者の55%は、LGBTQ+コミュニティに合わせてカスタマイズされた観光スポットやアクティビティを探す可能性のほうが高いと述べており、このことからLGBTQ+の旅行者は同コミュニティをサポートし、理解のあるブランドにも注目していることが分かっています。