「サステナブル・トラベル」プログラムについて

パートナー施設様のサステナビリティへの取り組みを称え、それらをユーザーにアピールする、より良い未来の実現に向けた新たなプログラムをご紹介します。

詳細を確認する

業界の展望

パートナー施設様のビジネス促進につながる、弊社のモバイルアプリのマーケティングについて

 | 保存
弊社のアプリ・マーケティングディレクター、Virginie Fagginが、弊社のアプリに関するマーケティング戦略がパートナー施設の皆様にどのようなメリットをもたらすかについて語ります。

この2年間は、弊社アプリにとって投資と成長の期間でした。iOS版とAndroid版の両方で予約数とユーザーエンゲージメントが大幅に向上してきていることを受け、今回は弊社の成長のトレンドを精査し、この流れがパートナー施設様にとっての新しいビジネスチャンスにどうつながっているかについてお話したいと思います。アプリ第一のアプローチをご自身のニーズに合うかたちで採用していただくことで、弊社が得ているプラスの効果を分かち合えれば幸いです。 

根本的な目標に目を向けると、アプリの将来に向けた弊社の投資はアプリのインストールを増やし、アプリのエンゲージメントを向上させるという2つの戦略に従っています。そしてこの2年間においては、その両方を達成することができました。 

アプリのインストールの促進

新規ユーザー獲得の面では、アプリストアの最適化に加え、アプリストアやウェブ上での広告キャンペーンの活性化に注力しています。2年前にアプリのマーケティング専門の新しい社内チームを結成して新たな取り組みを進めていったことで、アプリのエコシステム内のディストリビューターと実りあるパートナーシップを築くことができました。 

また、シームレスな旅行への移行を目指す一環として弊社がフライトやツアーをプロダクトとして追加していくなかで、弊社のアプリは新しいユーザーへのアプローチを一層強めています。選択肢の幅が広がることで、アプリをインストールすることの魅力がさらに増しているのです。また、最近ではアプリユーザーを対象に行われた「旅にまた出かけよう」キャンペーンなどを行い、アプリを通じた予約を促進しています。今後、このようにパートナー施設様にご活用いただけるキャンペーンが増えていくかもしれません。

インストール数を伸ばすためのこれらの取り組みは、実際の成果に繋がっています。第三者の調査会社によると、全世界規模で見た際、今年の第2四半期においてBooking.comアプリはダウンロード数が最も多かったOTAアプリでした。同期間においては、ダウンロード数が段階的に大きく伸びていったため、弊社アプリはアメリカにおいて特にダウンロードされた主要なOTAアプリの1つでもありました。 

アプリでのエンゲージメントの向上

一般的なユーザーは、旅行の計画に関するアプリを毎日開くわけではないものの、それらのアプリが必要となる場合はエンゲージメントが強まる場合があります。旅行に関する不確実な状況により、今後の旅行についての最新情報を手軽に確認できるよう、多くの旅行者がモバイル端末を使うようになったことから、パンデミックがこのエンゲージメントの強化の理由となったとも考えられます。

Image
Mobile

 

予約数の増加

アプリに関するこの飛躍的な動きは、予約数の増加というという最終的な効果に集約されます。第2四半期の収支報告でお知らせした通り、現在モバイル端末での予約は弊社における合計泊数の60%を上回っています。 

このような明確な指標が示されていることを踏まえると、モバイル端末割引を提供して競合施設との差別化を図り、これらの予約のシェアを得ることを検討するのに適した時期が来ていると言えるでしょう。小さなモバイル端末の画面上の限られたスペースで予約の獲得を狙うこととなるため、このように明確な指標のある魅力的な本割引を活用することで、大きな効果を得られる可能性があります。事実、本割引を提供されているパートナー施設様は、平均28%以上の予約数アップを実現しています。 

今後は新興市場に注目

では、将来的には一体どのようになっていくのでしょうか?私は、多くの消費者がスマートフォンからでしかインターネットを利用しない、インドやインドネシア、韓国、メキシコなどの新興市場で長きに渡って勤務してきました。これらの新興市場におけるユーザーの行動は、Eコマースにおける今後の進展を示す大きな指標になると思います。 

5つ星ホテルからユースホステル、バケーションレンタルに至る様々な種類のパートナー施設様との会議に参加しましたが、当該施設様はアプリ第一の精神を採用することの明確なメリットを見出しており、多くの場合、モバイル端末を中心に据えたオファーをより多く開発することを弊社に求めていました。アプリが中心となっているオファーに強く引き寄せられるユーザーのニーズを非常に理解していらっしゃるためです。

これらの施設様がこのように反応する理由は明白です。Googleによると、2019年には東南アジアのインターネットユーザーは3億6,000万人にのぼっているなか、その90%は主として携帯電話から接続していたことが明らかになっています。2020年にはこの地域の新しいインターネットユーザー数が4,000万人増え、当該地域におけるオンライン人口の合計が70%に達しました。いくつかの点では、この市場はアプリが主要なだけではなく、実質的にアプリのみが使用されている市場であるとも言えます。この点を考えると、パートナー施設様がモバイル端末向けに最適化を進め、新興市場の需要を活用することが不可欠な理由がよく分かることでしょう。  

 

Image
solutions_ mobile rate _ teaser
モバイル端末割引にご興味がある場合

モバイル端末割引の詳細について以下のボタンよりご確認ください。

ソリューションを見る

このページを評価してください

まとめ
  • 弊社アプリは、第2四半期において世界で最もダウンロードされたOTAアプリであるとともに、アメリカでも最もダウンロードされた主要なOTAアプリの1つでした。
  • 現在モバイル端末での予約は弊社における合計泊数の60%以上を占めています。
  • 新興市場のパートナー施設様は、ユーザーにアプローチすべくモバイル端末割引を提供することに意欲的です。当該市場では、ユーザーの多くがスマートフォンからしかインターネットにアクセスしていません。