業界の展望

宿の短期賃貸にまつわるリスクを減らすための専門家からのアドバイス

 | 保存
世界各地でロックダウンや移動制限などが緩和されつつある中、多くの宿のオーナーがゲストを迎え入れる準備を進めています。Safely.comのCEO、Andrew Bate氏が、需要が急増する中で宿泊施設にまつわるリスクを減らすためのアドバイスを専門家の立場から共有します。

夏の休暇シーズンが到来しました。これまで抑圧されてきた需要と、移動制限の緩和が合わさり、短期賃貸の宿泊施設への予約が増加しています。短期賃貸タイプの宿は自宅のように快適に過ごせつつ、安全も確保できるため、今後数ヶ月の間は好まれる傾向にあるのではないかと予想しています。厳しい状況が続いた一年の後に生まれたこうした需要を活用するには、宿泊施設の管理者やオーナーが不要なリスクや、ひいてはコストを回避することがこれまで以上に重要となります。

では、宿泊施設の管理者やオーナーが経済的に安定し、安全な夏を迎えるにはどうしたら良いのでしょうか?この記事では、宿泊施設のマネジメントにおいて急速に重要になりつつあるゲストのスクリーニングや状況に合わせた保険の調整について、また宿泊施設のリスクを軽減するためのアドバイスなどを共有します。 

適切な補償範囲の専門的な保険で準備を

宿泊施設を守るための最初のステップとして検討したいのが、保険の補償範囲の見直しです。専門的な保険は複雑なことも多く、宿泊施設管理者やオーナーにとって悩みの種になり得るものです。また、最悪のケースを想定してあれこれ考えることも決して気が進むものではありません。しかし、短期賃貸タイプの宿泊施設に保険をかける際には、何か問題が発生した場合にも安心できるよう、補償範囲が適切に調整されていることが不可欠です。 

建物・家財への損害や人身傷害に対する賠償責任保険を確実にしておくことで、管理者やオーナー、ゲスト間の摩擦を取り除くことができ、最終的には双方にとってより有益で満足度の高い滞在が保証されます。 

ゲストのスクリーニングを検討しましょう

保険を利用した包括的なソリューションが、短期賃貸の宿におけるリスクを軽減するカギとなることは先ほどお話ししました。宿泊施設を物的損害から守るためのさらなるステップとして、最初から宿泊施設を尊重した滞在をしてくれるゲストから予約が入るよう促しておくことで、宿泊者の違法行為を未然に防ぐという方法が挙げられます。 

宿泊施設で事故などが発生しないよう防ぐために最適なもののひとつに、テクノロジーを利用した公平なゲストスクリーニングがあります。宿泊施設の貸し出しの大きな障壁として、インターネット上で見知らぬ人に宿を開放することへの不安があり、これは当然の不安と言えるでしょう。スクリーニングを取り入れることで、宿泊施設を尊重した滞在ができないゲストが最初から宿に立ち入らないようにすることができ、損害や詐欺、騒がしいパーティーや騒音への苦情の発生などを防ぐことができます。 

短期賃貸の宿の管理者やオーナーであれば、リスクの高い予約行動を直感的に見分けられたり、見分けるために必要なツールの多くを既に持っていたりします。例えば直前予約(特に近隣に住む人々からのもの)は注意して取り扱う必要があります。また、悪意を持った人々は宿を自分たちの都合の良いようにするために、宿の規則に関係なく細かなリクエストを次から次へと送り、その過程でうっかり自分たちの計画を明らかにしてしまうこともあります。

弊社Safely.comで使用している現代のデータサイエンスに基づくツールはリスクの高い予約を特定するのに役立ち、直感的な判断をサポートします。管理者やオーナーの方々は、施設管理のプロセスの一環に包括的なゲストのスクリーニングを組み込むことで、自分の宿を見ず知らずの人に開放することへの不安を和らげ、信頼できるゲストを迎えて短期賃貸のリスクを大幅に軽減することができます。 

宿泊施設を尊重した滞在をするゲストへのアプローチは、彼らが予約時に確認する貴施設の掲載内容から始まります。自分の宿の説明文は意識的に書くようにしましょう。貴施設が訴求したいのは、大人数の団体ですか?それとも家族連れですか?提供している設備やサービス、打ち出したい宿のイメージに対し現実的になりましょう。予約前にゲストに求める必須条件の設定は必要ですか?例えばBooking.comでは、ゲストが有効な電話番号や住所を提供することを予約時の必須条件として設定することが可能です。 

宿泊施設管理者やオーナーが、こうしたことを取り入れてゲストの違法行為を防ぐために積極的なアプローチを取ることは、宿泊施設を尊重した滞在をするゲストの呼び込みをはじめとして、宿泊施設の資産の保護や、宿泊施設の関係者間の良好な関係の構築にも繋がっていくことでしょう。 

最悪の場合に備えて

保険やゲストのスクリーニングは、上手に活用していくのがときに難しいものです。短期賃貸タイプの宿を偶発的に起こる物的損害やゲストの違法行為から守るために、私からは以下をお勧めします。 

  • 宿泊施設の建物や家財に対する損害、および人身傷害を補償する商業保険(事故性と非事故性の両方を補償し、損害賠償金の管理が不要となるもの)に加入すること。私のクライアントの方々には、補償額100万ドル(USD)をお勧めしています。 
  • 旅行キャンセル保険に加入すること。 
  • 宿泊施設を尊重した滞在ができないゲストが宿泊しないよう、スクリーニングを行うこと。 

最後に重要情報(特に免責条項)を確認し、保険が適用されない可能性のあるあらゆるケースを確認しておきましょう。

 

Partners
自信を持って、ゲストの受け入れを

Booking.comが、パートナー施設様をあらゆる予約から守るために講じている信頼&安全対策についてはこちらをご一読ください。

詳細を見る

このページを評価してください

まとめ
  • 建物・家財への損害や人身傷害に対する賠償責任保険を確実にしておくことで、管理者やオーナーは不要なリスクやコストから身を守ることができます。
  • 宿泊施設への損害や騒がしいパーティー、騒音への苦情の発生を防ぐには、テクノロジーに裏付けされた、公平なゲストスクリーニングが有効です。 
  • 宿泊施設を尊重した滞在をするゲストへのアプローチは、彼らが予約時に確認する貴施設の掲載内容から始まります。自分の宿をどう説明するか、どんな旅行者に訴求したいかを意識的に考えましょう。