Holiday Rental

バケーションレンタルでゲストによりサステナブルな行動を促す5つの方法

 | 保存
Vanessa de Souza Lage氏は、バケーションレンタルに向けた初のサステナビリティ関連の認証であるSustonicaの共同創設者兼CEOです。本記事では、同氏に滞在中のゲストによりサステナブルな行動を促す方法についてのアドバイスを伺いました。

自分の住まいをよりサステナブルなものにしようと取り組む人が増えています。その結果、彼らは旅行中においても同じように行動することを望み、また同様の選択肢があることを期待しています。バケーションレンタルでよりサステナブルな選択肢をデフォルトとして提供することができれば、ゲストは満足してより快適に過ごすことができるだけでなく、滞在後もよりシンプルな日常の行動を心がけるきっかけとなることでしょう。

1. サステナビリティを高める取り組みをデフォルトに

以前の記事では、バケーションレンタルをゲストにとってよりサステナブルにするために実践できる、簡単で低コストな方法をいくつかご紹介しました。たとえば、

  • シャワーヘッドにシャワーの流量を減らす「節水栓」を取り付けるのは、それほど費用がかからないうえ、シャワー1回あたりの使用量を平均40%節水できます。
  • リサイクルのトイレットペーパーやナプキン、ペーパータオルに切り替えることで、森林破壊の低速化や廃棄物の削減につなげることができます。
  • LED電球は通常の電球よりも消費電力が75%少ないうえ、最大で25倍長持ちします。これらを使用することで、エネルギーコストを下げながら、地球の保護につなげられます。

こういった取り組みを貴施設内で行うことにより、ゲストにわざわざ説明しなくても、またゲストは特に何もせずとも、既にサステナビリティを高める行動の一助となっています。

ワンポイントアドバイス: 「トラベル・サステナブル」プログラムを利用して、サステナビリティを高めるために行っている取り組みをBooking.comの貴施設ページでアピールしましょう。

 2. 子供たちをリサイクル活動に巻き込む

ゲストの協力を必要とするもののひとつにゴミの処理がありますが、これには困難が伴います。よく知られた言い回しですが、「ゲストをゴミ箱に案内することはできても、リサイクルさせることはできない」のです。この問題を克服する最善の方法は、大人よりもむしろ子供たちにアピールし、リサイクルを簡単で楽しいものにすることです。よりサステナブルな習慣を身につけるよう子供たちに働きかけることで、彼らが家庭内でのお手本となってくれます。そこで、私たちは「僕は巨人のグラッシー。ガラスのボトルと瓶だけちょうだい」、「私は賢い妖精リーフ、読書が大好き!紙と段ボールをください」といったメッセージを添えた、ガラス、プラスチック、紙・ダンボール、生ごみ用のゴミ箱に貼る楽しいステッカーを制作しました。 

ワンポイントアドバイス:Sustonicaのステッカーをダウンロードしてゴミ箱に貼れば、子供たちが親や兄弟にやり方を示すよう促すことができます。

Holiday Rental Mountains

 

3. デジタルガイドブックでゲストに案内する

サステナビリティをアピールしたり、地元のビジネスを支援したり、コミュニティとのエンゲージメントを促進したりするデジタルガイドブックをバケーションレンタルのゲスト向けに作成することは、ゲストの満足感を高め、旅の目的地にもプラスの影響をもたらす素晴らしい手段です。以下に、ガイドブックに掲載するヒントの例をいくつかご紹介します。

  • 地元産の食材を扱う店:新鮮な地元産の農産物や製品を購入できる近隣のファーマーズマーケットやオーガニック食材店、地元の食品協同組合の情報などを網羅したリストを提供しましょう。
  • 地元のボランティア活動の機会:ボランティアを歓迎する地元の慈善団体、コミュニティセンター、環境保護団体の情報を提供しましょう。ゲストはビーチの清掃、植樹、地元イベントのお手伝いなどの活動に参加することで、滞在中にコミュニティに貢献することができます。
  • 地域遺産のアピール:地域の歴史や伝統、遺産について学べる歴史的建造物、博物館、文化センターをリストアップしましょう。これらのスポットを訪れて、その維持・保存を支援してもらうようゲストに働きかけましょう。

ワンポイントアドバイス:電気自動車の充電ポイントや給水ステーションなど、サステナブルな地元の施設を地図に明示しましょう。

4. よりサステナブルな選択肢がゲストにもたらすメリットを明確にする

ゲストによりサステナブルな行動をしてもらうよう促すための実践的な方法は、他にもあります。例えば、ゲストがスーパーマーケットに持って行けるカゴやトートバッグを用意すれば、買い物がより便利になり、レジ​​袋を買わずにすみます。同様に、浄水器や給水ステーションを利用してもらうことで、ゲストは使い捨てのペットボトルを買ったり使用したりする必要がなくなります。 

こうした方策が成功するかどうかは、大抵の場合、サステナブルな選択肢をどのように伝えるかにかかっています。ゲストにとってのメリットを重視した取り組みであると紹介すれば、ゲストはポジティブに受け止め、貴施設が用意したものを利用してくれる可能性がさらに高まります。 

ワンポイントアドバイス:デジタルガイドブックにトートバッグや浄水器の情報を掲載し、貴施設が提供していることをゲストに知らせましょう。

5. サステナビリティ・チャートでメッセージを常に目につく状態にしておく 

私たちがオーナーや宿泊施設管理者にお願いしている最重要事項のひとつとして、宿泊施設内での「サステナビリティ・チャート」の掲示があります。この縁取り付きのポスターは、環境への影響を軽減するために宿泊施設内で実施しているすべての取り組みと、旅行中にゲストが及ぼすマイナスの影響を低減するために貴施設が行っているサポートについて説明するものです。ポスターはメールやニュースレターに掲載されるよりもずっと目立つため、ゲストの行動に影響を与える方法として非常に効果的であることが既に証明されており、多くの旅行者がこのチャートについて肯定的な意見を寄せています。また、滞在後もゲストが小さなライフスタイルの変化を実践し、家庭における影響の改善に乗り出してくれることを期待しています。

 ワンポイントアドバイス:Sustonicaによるバケーションレンタルのサステナビリティ関連の認証を取得する資格があるかを確認するために、Sustonicaのテストを受けることを検討しましょう。
 

AirDNA’s Chief Economist reveals 2023 vacation rental trends
サステナビリティ関連についての記事をチェック

バケーションレンタルをよりサステナブルにする費用対効果の高い10の方法をチェックしましょう。

詳しく見る

このページを評価してください

まとめ
  • ゲストが環境への影響を軽減できるような小さな変化を貴施設で実施し、その内容をサステナビリティ・チャートでゲストに知らせましょう。
  • 子供たちに向けて楽しくリサイクルを伝えるようにしましょう。彼らは自ら行動を起こすとともに、家族にも同じことをするよう促してくれます。
  • サステナビリティを高める取り組みがゲストにもたらすメリットを提示しましょう。そうすることで、ゲストの参加意欲が高まります。
  • 地元産の食材を扱う店やレストラン、地元のアーティスト、地域のボランティア活動の機会などを紹介することで、地元のコミュニティを支援するようゲストに働きかけましょう。