sustainability

Evolveのソーシャル・レスポンシビリティ担当ディレクターが語る、サステナビリティをビジネスに組み込む方法

 | 保存
バケーションレンタルのオーナーおよびゲスト向けのソリューション、Evolveがサステナビリティをビジネスにどのように組み込んでいるのか、Maureen Hergenroether氏が語ります。貴施設が同様の取り組みを行うヒントもあわせてご紹介します。

Maureen Hergenroether氏は、北米全域でバケーションレンタル体験を再定義するEvolveで、ソーシャル・レスポンシビリティ&インパクト担当ディレクターを務めています。本記事では、Evolveがサステナビリティを高めるために取り組んでいることや、それがバケーションレンタルのオーナーにどのようなメリットをもたらすかについて、同氏が語ります。 

ご自身とEvolveについて、簡単にご紹介いただけますか?

Evolveは、北米で最も急速に成長している、バケーションレンタルのゲストやオーナー、サービスパートナー向けのネットワークです。750の目的地にわたって、約3万の宿泊施設が登録されています。私たちは、バケーションレンタルのプロセスに関わるすべての人にとって、より良い体験を生み出すことに重きを置いています。

非常に包括的な視点から社会的責任に目を向けており、私自身はサステナビリティだけでなく、慈善活動やダイバーシティ、公平性やインクルージョンを監督する役職を務めています。

Evolveでは、サステナビリティについてどのようなアプローチをとっていますか?

私たちは、Evolveのゲストやオーナー、チームメイトがサステナビリティを大切にし、責任ある消費者になれるよう後押ししています。自社のビジネスの枠を超えた領域にも変化をもたらす、よりサステナブルな取り組みを推進しているのです。

Evolveは、いかにしてサステナビリティをビジネスに組み込んでいるのですか?

私たちは自社のビジネスモデルにサステナビリティを組み込むため、より広範な社会的責任の表明と使命について考えを深めてきました。私たちにとって、それは信頼の構築に他なりません。そのため、Evolveのビジョン・ステートメントは最も信頼される存在になることであり、それこそが「信頼される仕事」であると捉えています。

私たちは、「将来の世代にとってより心地良い環境を構築するにはどうすれば良いか?」という点を考えています。これに伴い、バケーションレンタルのオーナーと連携し、サステナビリティに関する情報の提供やビジネスケースの構築を行っています。私たちはより責任ある消費者となるべく、社内での日々の意思決定における選択肢を検討し、サステナビリティにつながる責任ある消費を実践しています。これは、単なる1回限りの行動ではありません。常に自分たちの行動を見つめ、「それが自社の社会的責任モデルとどのように合致するのか?」と自問しているのです。

また、国際連合の持続可能な開発目標(SDGs)に即すような形式で、自社の社会的責任を設定しています。これらの目標を達成することで、私たちは単に自分たちのためだけに行動しているのではなく、自らが提唱することを実践し、より高次の目的の一翼を担えるようにしているのです。 
 

sustainability click


バケーションレンタルのオーナーによりサステナブルな取り組みを採用するよう、Evolveではどのように働きかけているのですか?

この点は、難しい課題です。社内では教育に重点を置いており、従業員がこの点について議論し、その重要性を理解できるようにしています。バケーションレンタルのオーナーについては、そのようなビジネスケースを構築し続けることが鍵となります。つまり、Booking.comの調査結果を活用し、何が動機付けとなるかを探っていくことです。サステナビリティを高めることで、オーナーは実際に費用を節約できるだけでなく、税額控除で費用が還付されるのですが、このことを知らない方はまだ数多く存在します。また、私たちは市場における需要を強調し、よりサステナブルなバケーションレンタルを提供すればメリットを得られることをオーナーに伝えるべく努めています。

実践的な取り組みとしては、よりサステナブルな取り組みを一層採用しやすくなるようにする、様々なパートナーシップについて検討してきました。どういったプロダクトやサービスと連携できるかを弊社で吟味し、それらをバケーションレンタルのオーナーに提示しているのです。私たちは、小さな変化が実際に大きな違いに繋がりうることをオーナーが把握できるよう努めています。

また、旅行者およびゲストとしてよりサステナブルな行動をとる方法について、さらに多くの教材を提供していく必要もあります。例えば、バケーションレンタルのバスルームに節水シャワーヘッドを設置しているのに、ゲストが歯磨き中にシャワーを出しっぱなしにしていたら大きな効果は見られないでしょう。

来年は、どのようなことに期待したいですか?

サステナビリティについて様々なブランドが足並みを揃え、ひとまず競争を脇に置き、お互いに協力し合うことに同意することが必要だと思います。私たちは情報や知見を共有しなければなりません。この意味で調和がキーワードとなり、来年にかけてさらに議論が深まり、このテーマが一層話題に上がるようになることを願っています。

サステナビリティに対して懐疑的な人はまだ数多くいます。各ブランドがより一丸となって対話を続けていくほど、最善かつ最もサステナブルなゲスト体験を一層提供できるようになることでしょう。
 

Building a credibly sustainable travel industry
旅行におけるサステナビリティについて

Click. 2023のセッション「信頼できるサステナブルな旅行業界の構築に向けて」をご覧ください。

今すぐ見る

このページを評価してください

まとめ
  • Evolveは、バケーションレンタルのプロセスにサステナビリティを浸透させながら、より良いバケーションレンタル体験を生み出すことに重きを置いています。
  • 国際連合の持続可能な開発目標(SDGs)に沿ったEvolveの社会的責任は、サステナビリティや慈善活動、ダイバーシティや公平性、インクルージョンなど多岐にわたっています。
  • Evolveは、長期的な費用の節約といった、サステナビリティを高めることのメリットをバケーションレンタルのオーナーに伝えることに積極的に取り組んでいます。