業界の展望

短期貸出の宿の清掃に関するアドバイス

 | Save
Breezewayの創設者兼CEOであるJeremy Gall氏が、パンデミックの発生中や収束後における清掃対策の強化に関するアドバイスをシェアします

短期貸出の宿の管理業者やホスピタリティ・プロバイダーの方々は、変わり続ける移動制限、キャンセル、需要の劇的な増減など、パンデミックの影響で大変な1年を経験しました。過去7ヶ月間以上にわたり変わらず重視されてきたのは、清潔かつ安全で、高品質の宿泊施設です。 

Breezewayによる2020 Property Operations report(英語)によると、管理業者の97%はパンデミックの影響で清潔さに対するゲストの敏感さが増したと感じると回答しており、そのうち99%は宿泊施設の清掃対策を適切に強化するつもりだと回答しています。 

こちらでは、清潔かつ安全な宿泊施設を提供するために、弊社の主要なクライアントの多くが実践しているオペレーションの改善方法をいくつかご案内いたします。 

宿泊施設および清掃内容ごとにハウスキーピングのチェックリストをカスタマイズする 

宿泊施設にはそれぞれ違いがあるため、それに合わせてハウスキーピングのチェックリストも変える必要があります。弊社では、社内のブランド基準が遵守されるように部屋ごとにチェックリストを構成することをお勧めしており、そうすることで小さなミスも防ぎやすくなります。清掃スタッフに分かりやすく、順序だった指示をすることで、オペレーションがよりスムーズになります。

キッチンやバスルームなどの人の出入りが頻繁な場所や、ドアノブ、カギ、電気のスイッチ、空調のリモコン、窓、家電や電子機器など人が頻繁に触る物の表面は特に要注意で、スタッフによる入念な清掃が必要となります。

主要当局のガイダンスを参考にする

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、WHO(世界保健機関)、US EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)などの組織から発信されている清掃用品やテクニックに関する最新のアドバイスが、ハウスキーピングや点検のチェックリストに常に反映されているよう心がけましょう。 

CDCでは、各施設の換気を行ってから清掃を行い、あらゆる物の表面を清掃してから消毒の次のステップへと進むことを推奨しています。このようなガイダンスを取り入れることで、今後滞在されるゲストはもちろん、ハウスキーパーの安全の確保にもつながります。 

CDCはまた、すべてのランドリーとリネンを高温で洗浄することを推奨しています。EPAでは、認可済みの消毒製品や、これらの製品の有効な使用方法に関するアドバイスを提供しています。安全に作業できるよう、スタッフには個別にマスクや手袋などの防護具を提供し、またこれらのアイテムを安全に装着および破棄する方法についてトレーニングを提供する必要があります。

画像
Hotel staff wearing mask
'パンデミックの発生以来、実施している清掃対策についてゲストやオーナーに伝えることはより一般的になりました。'

 

清掃時間を増やす

対パンデミックの清掃をより徹底するために、多くの施設管理業者がゲストの到着前および出発後の清掃にかける標準時間を延長しました。 

弊社の調査によると、ハウスキーパーとスタッフがより時間をかけて適切に業務を遂行し、清掃および安全基準を遵守できるよう、各滞在の間に待機時間を設けることを計画していると回答した管理業者は全体の42%いました。待機時間は現地規制や各機関により異なりますが、多くは4~24時間の範囲内でした。 

個別に各施設を検査して、各施設が清掃および安全に関する手順を遵守しているかを定期的に確認するようにしましょう。こちらについては、70%が実施を計画していると回答しています。 

ゲストに清掃および安全対策をお知らせしましょう 

パンデミックの発生以来、実施している清掃対策についてゲストやオーナーに伝えることはより一般的になりました。短期貸出の宿の管理業者は、専用のランディングページやリスティングの詳細情報を通して清掃手順を告知しています。これにより、ユーザーは安心して予約できるようになり、滞在中もより快適に過ごせるようになります。 

また、ゲストのチェックイン後に施設にて使用できる消毒剤や追加の清掃グッズを提供したり、到着前に実施された清掃内容についてお知らせすることもできます。

清掃プロセスの自動化のためにスマートツールの採用を検討しましょう 

バケーションレンタルの運営会社は、業務の計画や手配をしたり、サービス基準が遵守されているかのチェックをしたりすることで手一杯になることがあります。現在はパンデミックの影響で、高品質かつ高度な制御が可能なきめ細かいオペレーションへのニーズがこれまで以上に高まっています。また、これらのオペレーションは確認のためにクライアントに共有できるようにすることも求められています。 

専用のスマートツールを使って清掃プロセスを自動化することで、清掃のスケジュールを計画したり、規制が遵守されているか監視したり、ゲストに高品質なサービスを提供することがより簡単になります。

 

画像
working with laptop on lap
健康・衛生対策をより詳しくチェック

貴施設で実施している健康・衛生対策をお知らせすることで、ゲストに安心感を提供し、需要を取り込みましょう。 

ソリューションへ

このページを評価してください

Topics
まとめ
  • キッチンやバスルームなどの人の出入りが頻繁な場所や、ドアノブ、カギ、電気のスイッチ、空調のリモコン、窓、家電や電子機器など人が頻繁に触る物の表面は特に入念に清掃しましょう。 
  • 清潔さに関するゲストの心配を和らげるには、情報の透明性が重要です。宿泊施設で実施されている清掃についてお知らせすることで、旅行者に安心感を提供できます。
  • 清掃用品やテクニックに関してWHOなどの組織から発信されている最新のアドバイスを、随時ハウスキーピングや点検のチェックリストに取り入れましょう。
  • Breezewayの調査によると、ハウスキーパーとスタッフがより時間をかけて清掃および安全基準を遵守できるよう、各滞在の間に待機時間を設けることを計画していると回答した管理業者は全体の42%でした。