業界の展望

短期貸出の宿泊施設向けのスマートホーム・テクノロジー

 | 保存
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で自動化および非接触テクノロジーの導入が進んでいることに伴い、スマートホーム・テクノロジーが注目を集めています。本記事では、短期貸出の宿泊施設様がこのようなテクノロジーを導入する際の専門的なアドバイスを、PointCentralのプレジデントであるSean Miller氏が共有いたします。

パンデミックの影響で、短期貸出の宿泊施設における清掃、衛生、安全対策のオペレーションへの関心は高まりました。移動について数々の制限が設けられた1年間を経てゲストの関心は変化し、念頭に健康・安全対策を置いたうえで宿選びが行われています。 

施設管理者の方々においては、様々なチェック項目を増やし、また宿泊施設でスマートテクノロジーを導入するなどして適切な対策を講じてきました。このような変化は、短期貸出業界のさらなる職業化を進め、また旅行者たちが安心して再び予約できるようにするためには不可欠であり、仕事・生活・休暇を組み合わせた長期滞在が増加傾向にある現在では特に重要です。 

より高度になったゲストのニーズ

清潔さ、安全性、そして施設内の管理が行き届いている事は、宿泊施設に対するゲストの期待としては最低限のレベルです。最近では、このような期待に加え、非接触での入館やその他のスマートテクノロジー等、イノベーションの導入を期待する傾向が高まっており、多くのゲストはこれらのために多少高い料金を支払うことを厭いません。 

宿泊施設の規模を問わず、施設管理者の方々にとって、スマートホーム・テクノロジーを導入することは消費者の需要に応え、満足度の高いサービスを提供することに繋がります。2020年のPhocusWrightの報告によると、すでに何らかのスマートテクノロジーを宿泊施設に導入済みの施設管理者の方々の割合は、全体の46%にのぼっています。 

テクノロジーを導入するメリット

ゲストにとっては、スマートホーム・テクノロジーは全体的な滞在体験の満足度向上に繋がり、一般的な滞在をワンランク上へと引き上げてくれます。また、テクノロジーは、一元化されたプラットフォームを活用した業務チェックで清掃状況の確認をしたり、照明のスイッチを非接触化したりすることなどを通して、宿泊施設の安全性を改善し、旅行者に旅行の再開について安心感を与えるためにも重要な役割を果たしてくれます。 

また、施設管理者の方々にとっても、宿泊施設に適切なソリューションを導入することには複数のメリットがあります。例えば、オペレーションを円滑化するテクノロジーを活用することは全体的な効率化に繋がり、冷暖房費を最大23%節約したり、キーレス(鍵不要)の入館による人件費の削減なども実現可能です。さらには、空調の使用過多、水害、閑散期の間の施設の保護など、テクノロジーの資産保護的なメリットに加え、スマートテクノロジーのもたらす利点は、経済的な観点やオペレーション上の観点からも必要なものであると言えます。 

ウィッシュリスト

スマートホーム・テクノロジーを初めて導入する場合でも、さらに追加で導入する場合でも、私がお金をかけてでも導入する価値があると思うものを以下にご紹介します。

必須のテクノロジー

  • キーレスの正面玄関ドアのスマートロック:施設に直接入館してチェックインできるようにすれば、時間と費用を削減でき、安全性も向上し、ゲストが今だからこそ望む非接触の体験を提供できることができます。 
  • オペレーション用プラットフォーム:ゲストの求める高い水準に応えられるよう、施設清掃やメンテナンスの管理およびモニタリングができます。
  • 一元化された空調リモコン:館内の温度を適温に調節することでゲストの満足度を高め、冷暖房費の節約にも繋がります。 

あると役立つテクノロジー

  • 音声アシスタント:音声アシスタントがあることで、集約された情報やゲスト向けにカスタマイズした情報など、コンシェルジュがいるかのような体験を提供できます。 
  • 照明コントロール:スマート照明の導入は、省エネになるだけではなく、照明の自動化や遠隔操作が可能になるため、壁にスイッチを取り付ける必要がなくなります。 
  • 騒音モニタリング:所在地域での騒音に対する厳しい規制の有無にかかわらず、騒音警報器を設置することは周辺のコミュニティと良い関係を築くことに役立ちます。
  • モニタリング機能付きの人命保護装置:強盗、火災、二酸化炭素などの脅威から、宿泊施設およびゲストを保護します。
  • 水漏れセンサー:給湯装置に水漏れセンサーを設置することで、室内が水浸しになることを防げます。

注意すべきこと

  • データ・プライバシー:端末の提供元がデータの販売や収益化を行っていないか確認しましょう。
  • データ・セキュリティ:テクノロジーの提供元に、SOC-2 Type II認証(監査手続き)などのデータ・セキュリティに関するポリシーがあるか確認しましょう。
  • 長期的利用:取り付けやサポートなどのサービスを提供し、長期利用者に財務的なサポートのあるテクノロジー会社を選びましょう。

スマートテクノロジーと消費者の安心感

旅行が再開するにあたり、滞在することが安全であるとゲストに思ってもらうことは、施設管理者にとって非常に重要な課題です。スマートホーム・テクノロジーのソリューションを導入することは、旅行者に安心感を与え、予約へと繋げることに役立ちます。 

施設管理者の方々は宿泊施設の規模に関わらず、まずはご利用のテクノロジーがより高度になったゲストのニーズに見合い、また効率的により高いオペレーションの水準を満たすことができるかを見直すことから始めて、必要に応じて更新しましょう。

 

Image
health safety
健康・安全に関する取り組みを掲載して、ゲストに安心感を提供

ゲストが安心して予約できるよう、貴施設が行えるその他の対策等についてチェックしましょう。 

ソリューションへ

このページを評価してください

まとめ
  • 健康・安全に対するより高度なニーズの影響で、スマートホーム・テクノロジーが注目されています。
  • スマートテクノロジーを導入することは、照明のスイッチなど、人がよく触れるエリアへの警戒心が強まっている旅行者の懸念を緩和することに役立ちます。 
  • スマートテクノロジーを導入することは、旅行者に安心感を与えられるだけでなく、冷暖房費の削減など、施設管理者にとっても複数のメリットがあります。
  • スマートロックや音声アシスタントなど、オペレーションの水準を向上させつつ、より高度になったゲストのニーズを満たすことができるソリューションは数多くあります。