Booking.com’s new ‘Request to Book’ feature for holiday rentals_2

「予約リクエスト」機能を使ってバケーションレンタルを管理しましょう

 | 保存
予約の受付体制を選べて安心感を得られる新機能の「予約リクエスト」を活用して、ゲストの受け入れプロセスをより便利にしましょう。本記事では、貴施設が予約を完全に管理できるようにすべく、皆様のニーズとフィードバックをもとに本機能がどのように誕生したかをご紹介します。

弊社は、パートナー施設様の弊社プラットフォーム上でのエクスペリエンスをさらに高めるべく、パートナー施設様のニーズを最優先に考えたプロダクトに継続して投資しています。その結果、最近ではバケーションレンタルのオーナー様を念頭に置いて特別に設計された「予約リクエスト」といった革新的なプロダクトが開発されました。

予約リクエストとは

予約リクエストは、ゲストからの予約リクエストを受け入れるか断るかを選択できる、最もシンプルな形の弊社の最新ツールのひとつです。この予約リクエスト機能は、オーナー様とゲストとのやり取りのあり方を再定義し、オーナー様自身が自施設を完全に管理できるようにする、というビジョンから生まれました。 

Booking.comのグループ・プロダクトマネージャーのUdit Batraは次のように話しています。「予約リクエスト機能は純粋にシンプルな理由から開発されました。パートナー施設様から、ゲストからの予約リクエストを確認できるようにしてほしい、というご意見をいただいたのです。このような機能が求められる理由はさまざまで、例えば、貴施設がアクセスの不便な場所にあり、予約したユーザーにその旨を事前に連絡できるようにしたい、といったことなどです。」 

ゲストから予約が入った際、その予約を受け入れるか断るかを選択でき、24時間以内に回答します。予約を断りたい場合は、事前に弊社の差別禁止ガイドラインを必ずご確認ください。 

予約リクエストの誕生

予約リクエストは一夜にして出来上がったわけではありません。バケーションレンタルのオーナー様やマネージャーの方々の協力のもと、調査を通じて慎重に開発されました。Batraは次のように説明しています。「バケーションレンタルのオーナー様が安心して自施設を貸し出せるようにするには何が必要なのか、我々のチームはその細かな部分を把握すべく、オーナー様と積極的にやり取りしました。同時にユーザーの期待も考慮し、情報を共有することと、情報過多にならないようにすることのバランスを取ることを目指しました。そうして誕生したのが、予約リクエストだったのです。」

「初期の試用段階で好意的なフィードバックをいただきました。そして、利用者の意見に真摯に耳を傾け、市場の同様のサービスを単に真似るのではなく、貴施設が必要とされていることに基づいて本サービスを最適化しました。」 

本プロダクトは現在ベータ版の提供であり、世界中のパートナー施設様が利用できる段階には至っていませんが、近い将来、バケーションレンタルのすべてのパートナー施設様が利用可能な状態にすることを目指しています。

Booking.com’s new ‘Request to Book’ feature for holiday rentals


予約リクエストのメリット

予約リクエストがバケーションレンタルのオーナー様に提供するメリットは実に様々ですが、何よりもオーナー様が安心感を感じられるということが弊社が最も大切にしていることです。予約リクエストによって、貴施設は宿泊施設の管理を最適化することができます。弊社の予約管理アプリ「Pulse」と併用することで、外出先でもゲストからの予約リクエストをスピーディーに管理できるため、業務効率をさらに高めることができます。

弊社は、オーバーブッキングなどの望ましくない問題を回避できるようにすることを含め、貴施設がスムーズにトラブルなくゲストをおもてなしできる仕組みを作りたいと考えています。弊社はオーバーブッキングがどれほど大変なものかを理解しており、そのような意味で予約リクエストは便利な機能になっています。イギリスで事業展開するバケーションレンタルのオーナーのParley Rose氏は次のように話しています。「Booking.com経由で予約が入ったとき、承諾する前にまず別のサイトで予約が入っているかどうかを確認できるので、とても安心です。おかげで、宿泊施設を管理できているという気持ちがより強くなりました。」 

また、予約リクエストによって、ゲストをお迎えするためのおもてなし力を高めることができます。「ゲストから予約リクエストが入ったとき、滞在理由に関する詳細情報を確認できるため、ゲストをお迎えする準備をするのに役立ちます」と、Rose氏は言います。「例えば、サッカーの試合のために滞在すると分かれば、その滞在理由に合わせて、サッカーボール形のクッキーなど、ちょっとしたものを準備できます。予約リクエストは、おもてなしするという点で、ゲストの滞在をより思い出深いものにするのにとても役立つのです。」

予約リクエストか、予約の即時確定か?

予約リクエストは、一部のバケーションレンタルのオーナー様にとっては重要なニーズに応えるものである一方、すべてのオーナー様にとって好ましいソリューションではありません。そのような理由から、弊社では、貴施設および貴施設のビジネスに最適なアプローチを選択していただけるよう、パートナー施設様に予約の即時確定モデルも提供しています。 

バケーションレンタルのオーナー兼投資家であるJames Coupland氏は次のように話しています。「私個人としては、予約の即時確定モデルを好んでいます。こちらのプロセスのほうが、ゲストにとってはるかに便利だと思うからです。もし自分が旅行者で急いでおり、予約が取れたか知りたいというとき、即時に予約が確定されるのはありがたいです。

Booking.comでは、パートナー施設様が自施設やリスティング、ファイナンスを完全に管理できると感じられるようにすることを最優先に考えています。予約リクエストや予約の即時確定モデルなどの提供を通して、貴施設が希望に合った予約の受付方法を選択していただけるようにすることは、弊社がこれを実現するためのひとつの方法にすぎません。 

 

TRA 2024
安心・安全な成長のために

Booking.com上でのリスティングにおいて、貴施設がバケーションレンタルを完全に管理できるようにすべく、弊社が行っているその他の取り組みをご確認ください。 

詳しく見る

このページを評価してください

Topics
まとめ
  • 予約リクエストでは、ユーザーが予約リクエストを送信することが必要となり、貴施設はこれを受け入れるか断るかを選択できます。
  • ゲストからの予約リクエストを事前に確認できるため、オーバーブッキングなどの望ましくない問題の防止につなげることができます。 
  • 本プロダクトはパートナー施設様のご意見に基づいて開発したものであり、弊社ではパートナー施設様のエクスペリエンスをさらに快適にすべく皆様のご意見に耳を傾けニーズや懸念事項に取り組んでいます。
  • ゲストの予約を即時確定とするか、受け入れを決める前に予約内容を確認するか、ご希望の受付体制を貴施設にてお選びいただけます。