「サステナブル・トラベル」プログラムについて

パートナー施設様のサステナビリティへの取り組みを称え、それらをユーザーにアピールする、より良い未来の実現に向けた新たなプログラムをご紹介します。

詳細を確認する

Booking.comニュース

Click. 2021:毎年恒例のパートナーサミットの振り返り

 | 保存
年に1度の弊社のパートナーサミットは今年オンラインで行われ、パートナー施設の皆様にライブコンテンツとオンデマンドコンテンツを提供しました。本記事では、3日間に渡るイベントの主なポイントをお届けします。

弊社が毎年開催する世界規模のパートナーサミット「Click.」では、業界の知識人を集め、パートナー施設の皆様に情報とインスピレーションを提供しています。 

通常アムステルダムで開催されるものの、今年はソーシャルディスタンスを保つために完全にオンラインで実施された本イベント。ビジネスに関する主要な優先事項からプロダクトの開発、地域に合った知見に至るまで、Booking.comのリーダー層が2021年に向けて知っておくべきことを共有しました。本記事では、3日間の本イベントにおける重要なポイントのいくつかをまとめてご紹介します。 

パンデミック収束後の希望

本イベントは、新型コロナウイルス(COVID-19)が旅行業界にもたらした激動の1年を乗り越えたことを踏まえた、希望を感じさせるスピーチで幕を開けました。弊社の最高経営責任者であるGlenn Fogelは開会の挨拶で、「ワクチンの接種開始により、希望の兆しが見えてきました。今後時間の経過とともに、人々がまた旅行の喜びを感じられる世界がやってくることでしょう。そしてBooking.comは旅の喜びを堪能できる世界を一刻も早く取り戻すべく、ありとあらゆる取り組みを進めていく所存です。」と語りました。

イベントではパンデミックからの回復が最重要課題として掲げられ、パートナー施設の皆様が需要を捉えるために必要とする戦略的なアドバイスやプロダクト、ツール、サービスに焦点が当てられました。このテーマは、イベント期間中毎日行われた、アムステルダムのスタジオと全世界の講演者と参加者を繋げる生中継の放送においても鍵となっていました。放送の第1回目で弊社の宿泊施設部門のシニア・バイスプレジデント、James Watersは「弊社はパートナー施設様のために需要の刺激と獲得を継続し、皆様が今後生まれる新しいニーズに向けて準備を整えられるようサポートする必要があります。」と述べ、ビジネス回復への意気込みについて語りました。

再構築されたGeniusプログラムを含む、新たなツールとプログラム

その後テーマは変わり、パンデミックの発生中に新たに提供されたツールやプログラムに関する講演が行われました。言及されたものの中には、旅行市場が開放され始めた際にパートナー施設様が需要に集中できるようサポートするための、データをまとめた需要に関する新しいダッシュボードなどがあります。Click. 2021で掘り下げられたこれらのダッシュボードやパートナー・パフォーマンス支援プログラムなどは、新型コロナウイルスを踏まえた弊社のイニシアチブの一部です。これらは、通常であればパートナー施設様が取り込みに苦戦する可能性のある需要を獲得し、予約へと繋げていただけるようにすることを目的として提供されています。

また、ビジネスの回復期間中にパートナー施設様に需要をもたらすという目標に基づき、2021年以降も皆様のさらなる露出の強化と予約数の上昇、そしてビジネスの成長を支えていくという、弊社のロイヤルティプログラムであるGeniusプログラムの今後についてのビジョンも共有されました。 

「コネクテッド・トリップ」と拡大を続けるモバイル端末の市場

多くのセッションでは主なテーマとして、副次的なビジネスチャンスと、通常であればパートナー施設様が取りこぼしてしまう恐れのある需要を獲得することに焦点が当てられていました。この考え方は、宿泊施設と共に旅行にまつわる各種プロダクトをクロスセルする「コネクテッド・トリップ」の戦略でビジネスの回復を促すなど、多くの先進的な取り組みに組み込まれています。

弊社のトランスポート事業最高経営責任者であるBryan Batistaは、「レンタカーやフライト、タクシー、観光スポットやアクティビティなどの追加の旅行関連プロダクトを提供することで、通常は航空会社やレンタカーの予約サイトに取り込まれてしまう需要をパートナー施設の皆様にもたらせると確信しています」と述べました。パートナー施設様のビジネスをさらに拡大するためのこの取り組みには、ユーザーが弊社プラットフォームで宿泊施設を予約した際に無料のタクシーを提供するなどの需要創出に関するテストや、Geniusプログラムの対象にレンタカーを追加するなどの変更点が含まれます。

また、モバイル予約に関する消費者行動の変化を考慮すると、コネクテッド・トリップに改めて注目することが非常に必要であることが分かります。実際、新型コロナウイルスによってこの変化が加速した可能性もあります。2020年における弊社プラットフォームでの総販売泊数の3分の2以上はモバイル端末経由で予約されており、Booking.comアプリは引き続き好調で、アプリストアからのダウンロード数は5,000万件を超えました。

サステイナビリティが鍵に

2021年の旅行業界の現状に焦点を当てたイベントにおいて、サステイナビリティは欠かすことのできない重要な要素であり、Click. 2021でも大きな位置を占めていました。具体的には、重要度が高まり続けるこのトピックに関する調査や消費者行動について考えるセッションが行われました。

セッションでは、宿泊施設がサステイナブルな取り組みを実施していることを事前に知っていれば、その宿を選択する可能性が高まるだろうと答えた回答者は70%に上るという調査結果をご紹介しました。このため、管理画面でサステイナビリティへの取り組みに関する情報を登録していただくことは非常に需要です。Click. 2021で語られたサステイナビリティに関するポイントとしては、サステイナブルな旅行をより容易に楽しめるようにするための努力はただ重要であるだけでなく、旅する価値のある美しい世界を守るための全世界的な動きを推進する上で欠かせないという点が総括と言えるでしょう。

 

Image
Click event
主なポイントを動画でご覧ください

Click. 2021に参加できなかった場合でもご安心ください。Partner Hubで3日間に渡る本イベントの主なポイントをご確認いただけます。 

今すぐ見る

このページを評価してください

Topics
まとめ
  • オンライン開催となったClick. 2021のライブセッションとオンデマンドセッションは1つのページに集約されており、自由にご視聴いただけます。
  • 本イベントでは一貫してパンデミックからの回復に主軸が置かれ、パートナー施設様が副次的なビジネスチャンスを獲得できるようにプロダクトやプログラムを改善することが特に強調されました。
  • 需要に関するダッシュボードや再構築されたGeniusプログラムなどの新たなツールを用いることで、パートナー施設様は需要を測定し、より多くのユーザーにアプローチできます。
  • コネクテッド・トリップと増加を続けるモバイル予約は、2021年に弊社のリーダー層がビジネスチャンスを見出している重要な分野です。