トレンド&見識

中国での旅行パターンにおけるパンデミックの影響

 | 記事を保存する
パンデミックが中国における旅行パターンにどのような影響を与えているかを、Booking.comが最近実施したアンケートの結果をもとにまとめました

中国では例年、旧正月(春節)を祝うために非常に多くの人が地元に帰省します。2021年の旧正月は2月12日にあたり、祝祭は2月4日~2月26日に渡りますが、中国の一部で新たな移動制限および新型コロナウイルス(COVID-19)対策が実施されているため、今年の旧正月は例年とはかなり違った様子になるでしょう。 

この記事では最近Booking.comが実施した調査の結果を分析し、新型コロナウイルスによる中国の旅行者の行動および優先順位への影響を明らかにします。 

パンデミックによる旅行への影響

言うまでもなく、パンデミックは旅行者の行動に多大な影響を及ぼしています。中国においては、新型コロナウイルスの影響で旅行の予約を先延ばしにした回答者は73%、既に予約した旅行をキャンセルまたは日程変更した回答者は64%という結果になりました。 

今後の旅行に関する意向

今後の旅行計画については、中国の旅行者の17%は既に次の旅行を予約したと回答し、44%は計画中ではあるもののまだ予約していないと回答しました。また、旅行の予定がない回答者のうち28%は次の旅行を検討中であると答え、今後12ヶ月以内に旅行する予定がないと答えたのはわずか12%となりました。 

目的地に関する傾向

中国では大半の国と同様に国内旅行が需要回復を牽引しており、昨年に比べて今年は国内で旅行する可能性が高いと答えた回答者は53%、自分の車で旅行する可能性が高いと答えた回答者は46%にのぼりました。さらに回答者の33%は、リモートワークを行う予定の宿泊施設を国内で既に予約したと答えました。 

宿泊施設に関する傾向

中国の旅行者の間では、オールインクルーシブという魅力のおかげかリゾートの人気が高まっており、40%の回答者が昨年に比べて今年はリゾートに滞在する可能性が高いと回答しています。その他の宿泊施設タイプについては、昨年と比較して大型ホテルに滞在する可能性が高いと答えた人は34%、バケーションレンタルに滞在する可能性が高いと答えた人は32%という結果になりました。回答者の間で最も要望が高かった宿泊施設の特徴は、清潔さ、安全性、そしてサイズでした。 

パートナー施設の皆様におかれましては、旧正月に向けて「祝!2021年セール」を設定することで露出強化を図っていただけます。こちらのセールはプロモーションオファーで、旅行者に割引を提供すると同時に皆様の需要の取り込みをサポートすることを目的としています。提供できる割引は20%以上となっており、対象となる滞在期間は2021年1月5日~3月31日です。 

 

画像
Analytics on a laptop
祝!2021年セール

「祝!2021年セール」は、管理画面の「プロモーション」タブより有効化できます。 

管理画面に移動する

このページを評価してください

Traveller Review Awards

今年受賞したかどうかを確認し、受賞された場合は新しい完全デジタル版のアワードキットを受け取りましょう。

今すぐダウンロードする

トピック
まとめ
  • Booking.comによって、過去12ヶ月の間に旅行に出かけた成人を対象に独自に行われた調査の結果に基づきます。
  • アンケートには、中国から18~54歳の合計約2000名が回答しました。
  • 調査は、アンケートを通して2020年9月に集計されたものです。