サステイナブルなおもてなしについてのハンドブック

Booking.comでは、世界を体験するための手段としての旅行をサステイナブルなものとすべく、日々努力を続けています。この努力はもちろん、パートナー施設の皆様なしに続けることはできません。本記事でご紹介するサステイナビリティガイドは、私たちが旅行業界を共に変えていくための最初の一歩となるものです。 

更新 1 week 前
記事を保存する
サステイナブルな旅作りを、共に

世界を見る新しい視点や新しい経験を授けてくれたり、まだ知らなかった文化に触れるきっかけになったり…。旅は私たちに数々の素晴らしいものをもたらしてくれます。そして旧知の人との再会や新しい出会いの橋渡しになったり、私たち自身を見つめ直す機会をくれたりと、旅は思い出を創造するものでもあります。

しかしその一方で、汚染や自然生息地の破壊、人口過密に現地インフラへの負担など、大きな影響が出る可能性があるのも事実で、ホスピタリティ業界従事者や旅行者、旅先に住む現地の人たちは皆、サステイナブルでない旅の影響を感じはじめていることでしょう。

また、旅行者がまさに旅先で楽しみにしているものこそがこれらの影響を受けるリスクが最も高いことから、この問題は特に旅行業界にとって重視されており、もはやサステイナビリティは倫理的のみならず、ビジネスの観点から見ても優先すべき事項となっています。

Booking.comでは、世界を体験するための手段としての旅行をサステイナブルなものとすべく、日々努力を続けています。この努力はもちろん、パートナー施設の皆様なしに続けることはできません。 

2020年に弊社が行ったアンケートでは、サステイナブルな宿泊施設に対する需要は前年と比べ増加傾向にあることが分かりました。

  • 回答者の82%は、自分にとってサステイナブルな旅は重要だとしています。  
  • 回答者の70%は、宿泊施設が環境に優しいことを知った場合、例え環境に優しい宿泊施設をそもそもは探していなかったとしてもその宿を予約する可能性が高まるとしています。

しかし、回答者の約半数がサステイナブルな旅の選択肢が不足しているとし、38%がそういった選択肢の見つけ方が分からないとしていることからも、サステイナビリティに関する旅行者の希望を叶えるためにはさらに多くの取り組みを行う必要があると言えそうです。

その過程でポジティブな変化をもたらしつつ、旅行者の抱いているこうした見方を変えるためにできることは数多くあります。弊社はパートナー施設の皆様がさらにサステイナビリティを高め、且つ周辺エリアに影響を及ぼさない旅行体験を提供できるよう、共に力を合わせていきたいと思っています。この取り組みを行うことは、皆様の将来的なビジネスを守ることにも繋がります。本記事でご紹介するサステイナビリティガイドは、私たちが旅行業界を共に変えていくための最初の一歩となるものです。

ガイドの使用方法

こちらは弊社が世界持続可能観光協議会(GSTC)やサステイナビリティの専門家と協力し、パートナー施設の皆様が業界にポジティブな変化をもたらすためにできることをまとめたガイドとなります。本ガイドは、サステイナブルなおもてなしについてのハンドブックとお考えください。

各セクションで、貴施設で取り入れられるサステイナビリティに関連した様々な取り組み(規模や種類、ロケーション問わず)をご紹介しています。また、宿泊施設ページ上で貴施設がサステイナビリティに関し行っている取り組みを公表できるよう、管理画面に新しい設定も導入いたしました。

取り組み一覧は順次更新されていきますので、新しいアイデアを得るためにも是非定期的にご確認いただけますと幸いです。

管理画面の設定を更新しましょう

サステイナブルな旅をしたいユーザーのうち86%が、環境に優しい宿泊施設を見つけることが難しいと回答しています。これらの層に効果的にアピールするためにも、管理画面のサステイナビリティへの取り組みのセクションで設定を更新しましょう。 

画像
Meeting

サステナビリティに関する貴施設の現状を把握しましょう

サステナビリティに取り組むうえで、貴施設の現状は指標となります。現在の炭素排出量や水の使用量などの数値を計測して初めて、目標やプランを立て始めることが可能になります。

詳細を見る

プラスチックの消費量を削減しましょう

最近は宿泊施設の運営においてプラスチックの使用量を減らすことが今までにないほど簡単になっており、非常に重要性も高まっています。プラスチックは分解するのに長い年月がかかるうえ、野生動物の害になったり環境破壊にもつながります。こちらのガイドでは、環境保護のためにプラスチックの消費量を減らす方法について確認できます。

詳細を見る

画像
plastic in ocean
画像
water

水の使用量を削減しましょう

水資源は、昨今さらに希少になってきています。節水は社会にとって喫緊の課題です。旅行業界においても、ゲストにタオルの再利用を求めること以上の取り組みが必要となります。しかし、環境面と経済面のメリットを考えれば、節水には投資する価値が大いにあります。

詳細を見る 

エコ認定を取得しましょう

エコ認定を取得することで、サステイナビリティへの取り組みを表明することができます。ラベルの表示によって貴施設の取り組みの信頼性が増し、環境への意識が高いゲストを呼び込むことにつながります。しかし、優先順位を付けてサステイナビリティの目標へと近づいていく実際の取り組みの過程には、それ以上の価値があります。

詳細を見る

画像
Meeting
Booking.comが定義するサステイナビリティとは

旅は私たちの人生を豊かにしてくれるものです。ただし同時に、環境や現地のコミュニティに少なからず負荷を与えるものでもあります。当サイトユーザーやパートナー施設の皆様、ひいては地球全体の利益を考えこの負荷を減らすためにも、世界を体験するための手段としての旅行をサステイナブルなものとすべく、弊社では日々努力を続けています。

弊社にとって、サステイナブルな旅とは環境、社会、経済すべてを考慮に入れたものです。旅を通して私たちは自然環境や文化的遺産を守り、慈しみつつも、同時に観光業から得られるメリットを社会全体に広めることができるはずです。

2014年以来、Booking.comの従業員はBooking Cares(ボランティアプログラム)を通し旅先への「恩返し」を続けてきました。近年では非営利団体や旅先のサポートも開始しており、本年もBooking Boosterプログラムを通してサステイナブル・ツーリズムに関するスタートアップ企業の成長を支援いたします。

また2019年、旅行が及ぼす影響に恒久的な変化をもたらすため、英国サセックス公爵殿下(ヘンリー王子)先導のもとグローバル・イニシアチブのTravalystをSkyscanner、TripAdvisor、Trip.com、Visaと共同で発足しています。

弊社においてもサステイナブルな運営を行うため、2020年には以下の取り組みを行っています。

  • オフィスでの使い捨てプラスチック製品の使用廃止:弊社では、各オフィスでの使い捨てプラスチック製品の使用を取り止め、「再利用」のマインドセットに移行しながらよりサステイナブルな選択肢を模索します。
  • 弊社の運営によって生じるカーボン・フットプリントを削減するための努力:弊社では、カーボン・フットプリントに関する弊社の現状を把握するために大規模な調査等を行い、削減するための達成目標を掲げています。また同時に、オフィスビルのオーナーや家主とサステイナブルな運営方法についてを共に考えながら、弊社オフィスの多くをサステイナブルな方法で改修しています。

このページを評価してください